美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

正しい体の洗い方とは?美肌作りに欠かせません!

知っているようで知らない方が多い体の洗い方についてご紹介します。
112a8cec7c88d7d82ec0bc33860c4bcb_s
体の洗い方といえば、ほとんどの方は独学ですよね。各部位の洗い方について一つ一つ細かく考えたことがあるということは少ないはず。自分ではしっかり洗っているつもりでも間違った洗い方をしている方もいるかもしれません。そこで、体をキレイに保つだけでなく、肌にとってやさしい洗い方についてご紹介しましょう。

体の洗い方に関する基本

まず、お風呂に入るたびに丁寧に体を洗っているという方もいますが、あまり汗をかかない冬場などは毎日洗う必要はありません。肌の表面には皮脂という油分がありますが、寒い季節にはそれほど分泌量が多いわけではないため、毎日洗ってしまうと肌の油分が必要以上に失われ、乾燥肌にも繋がってしまいます。

汗のみであればお湯をかけるだけで流れるため、乾燥しやすい季節はゴシゴシ洗い過ぎないようにしましょう。

ひとつの目安として、足や腕の場合、冬場は週に1回程度洗うだけでも問題ありません。夏場は汗をかくこともあり、3日に1回は洗った方が良いですね。

毎日洗った方が良いとされているのは、背中、陰部、谷間、わきの下、へそ、足の裏や指の間といった部位です。ここは汚れやすいので毎日しっかり洗いましょう。

それから、初めからボディソープを体に乗せてしまうのではなく、先にお湯のみで素洗いすることが大切です。体についた汚れの大部分はお湯をかけただけでも落ちるので、素洗いすることによりゴシゴシこすらなくても良い状態を作ることができます。

それから、体を洗うのは髪を洗った後にしましょう。体を洗ってから髪を洗ってしまうとシャンプーなどの成分が体に付いてしまい、肌トラブルの原因に繋がってしまうこともあります。

特に背中やデコルテ、胸などに吹き出物ができやすい方の場合、肌に残ったシャンプーの成分が原因である可能性も考えられるので注意が必要です。

なにを使ってどのように洗えば良い?

体の洗い方として、タオルやブラシを使っている方もいますが、やわらかい素材のものを使うということが大切です。肌は思っている以上に傷つきやすいので、化学繊維で作られたタオルなどを使ってしまうと肌に小さな細かい傷をつけることになってしまいます。

肌トラブルに悩まされているのであれば、手を使って洗いましょう。手だけでも十分に肌についた汚れを落とすことができます。

また、やわらかいタオルを使ったとしても力を入れてゴシゴシこすってしまったら意味がありません。ほんの軽く触る程度でも汚れは十分に落とせるので、力を入れないようにしましょう。

お風呂に入ると体がポカポカ温かくなりますが、血行もよくなります。すると、皮膚が少しふやけた状態になるのですが、そのような皮膚をゴシゴシこすってしまったらかなりの刺激になるということは想像できますよね。

ボディソープや石鹸をよく泡立ててから使うことにより、少しの力でも汚れを落としやすくなります。

各部位の洗い方について

体を洗う順番についてですが、これは基本的に上から下に向かって洗っていきましょう。ただ適当にタオルや手を動かすのではなく、小さな円を描くようにしながらくるくると少しずつ移動させるのがポイントです。

髪が肌に触れないようにしっかりまとめ、首周りから洗い始めます。次に肩、腕、胸、背中、お尻、脚、足裏と洗っていきましょう。

特に背中は皮脂量が多く、シャンプーの成分が残りやすい場所でもあるので念入りに洗う事が大切です。ニキビができやすい場所があるのならば、他のところよりも丁寧に洗うと良いですね。

最後に、しっかりすすぎをします。すすぎが不十分でボディソープや石鹸の成分が体に残ってしまうとそこに細菌が繁殖しやすいだけでなく、乾燥もしやすくなってしまうので注意が必要です。

また、お風呂から上がったら肌が乾燥しないようにクリームなどを塗ってしっかり保湿をしましょう。肌が乾燥してから塗るのではなく、お風呂から上がったら5分以内に塗るのがおすすめです。

毎日適当に体を洗っていたという方も、今回ご紹介した内容を参考にしながら洗い方を考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

お尻ニキビの3つの原因とスベスベのお尻をキープする7つの対処法とは?

ブツブツ・ざらざらのお尻は卒業!おしりニキビの原因と対処法 よっぽど毎日チェック …

小顔のためにはエクササイズとマッサージが必須です!

指や美顔ロールですっきり美人 顔の大きさで悩んでいる女性は多いのではないでしょう …

一気にナイスバディになれる補正下着の実力とは?

息苦しいほど締め付けるといったイメージが根強い補正下着。最近は着心地も良く毎日つ …

顔や腕などにできる赤いほくろ、「老人性血管腫」かも

気になる「老人性血管腫」の原因と治療方法 ほくろというと黒や茶色のものをイメージ …

鼻下脱毛したら、今度はガサガサ唇が気になる…ケアの方法は?

きちんとケアして「モテ唇」に プルプル唇はとっても魅力的。メイクでプルプル唇を! …

気になる&目立つ顔イボ、どうやって治療する?

顔イボの種類と最適治療方法を知っておこう イボが顔や首にできると、見えるところだ …

水虫がうつらないために!水虫になったときのケアと予防法

水虫は「病気」です 水虫菌は暖かくて湿った環境で繁殖しやすくなります。春過ぎから …

おばあちゃんも使っていたかも!昭和から愛される超ロングセラーのコスメで美ボディに♡

ドラッグストアやスーパーなどで今でも見かけるヘチマコロン、オイデルミン、ドルック …

冷えやむくみも解消!韓国式痩身エステってどんなもの?

美容大国・韓国の民間療法から始まったエステ アジアの美容大国と言えば、お隣の国・ …

いやな虫刺され跡!キズや跡になっちゃったらどうしたらいい?

コンシーラーで隠すのもOK!虫刺され跡にはどんな対策? 夏が終わって気づいてしま …