美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

諦めないで!できてしまったストレッチマークや妊娠線の治療とセルフケアの方法

じっくり向き合えばストレッチマークもセルフケアで改善できます
8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s
太ももやふくらはぎ、お腹などに目立ってしまうギザギザのひび割れ…。ストレッチマークがあるせいで、好きなおしゃれができないという女性も多いのではないでしょうか。しっかりケアすれば、ストレッチマークが目立たないように改善することができますよ。

性別に関わらず頭を悩ませるストレッチマーク!

ストレッチマークとは、皮膚の深い部分にある真皮という層で、コラーゲン繊維が避けてしまって見える断裂のこと。肉割れ線や妊娠線という名称でも知られています。ストレッチマークは、急激に太ったり、一部の筋肉だけが肥大したり、妊娠でお腹が大きくなったりすることで皮膚が引っ張られてしまい、その伸びに真皮がついていくことができずに起こってしまう現象です。

断裂が起こったばかりの頃には、皮膚の下で赤くなって目立ちますが、だんだん白っぽくなっていき、断裂部分は目立たなくなっていきます。「妊娠線」という名称でよく知られているため、女性特有の現象と思われがちですが、これは男女関係なく起こってしまうものなのです。

ストレッチマークが出やすいパーツは、お腹や二の腕、ふくらはぎ、太ももなどです。こうしたパーツは元々皮脂の分泌量が少なく、肌の表面を覆う皮脂膜が持っている「水分蒸発を防ぐ」という役割が機能しにくくなっています。

ストレッチマークが出る、肉割れが起こるのは、肌から水分が蒸発して皮膚が硬くなってしまうことに原因がありますから、皮脂の分泌が少ないパーツに肉割れが起こりやすくなっているんですね。

ストレッチマークの治療とセルフケア

ストレッチマークを解消するには、余分な角質を除去し、肌のターンオーバーを正常に促すことが重要です。

肌のターンオーバーを促すだけでなく、余分な角質の除去が必要となるのは、肌のターンオーバーだけではストレッチマークが解消されるのに追いつかず、余分な角質がどんどんたまってしまうためです。ターンオーバーを促しても余分な角質が除去されなければ、肌表面に見えるストレッチマークはいつまでも残ってしまうということなんです。

セルフケアをおこなう場合は、ボディ用や洗顔用のピーリング剤、スクラブ剤を使用してやさしく角質の除去をおこない、その後はすぐに保湿をおこなうようにします。

肌が乾燥しているとかゆくなることも多いですが、ここで注意したいのは、ストレッチマークのある場所を絶対にかかないようにすることです。かゆいからとかいてしまうと、ますますストレッチマークの改善が遅くなってしまいます。かゆくならないようにしっかり保湿し、どうしてもガマンできないときにはピーリング剤などでやさしくケアしましょう。そしてピーリング後は、さらに保湿を忘れずに。

また、クリニックやエステでストレッチマークの治療やケアもできるようになりました。

クリニックでおこなうのは主にレーザーによる治療、エステではコラーゲンやビタミンCなどを使った光や超音波によるイオン導入などです。効果が早く感じられるのは、やはりクリニックによるレーザー治療でしょう。早ければ1回でもストレッチマークが目立ちにくくなるのが特徴である反面、治療にかかる費用も高額になりがちです。

費用がかかってもすぐに目立たなくさせたいならクリニックやエステ、できるだけ費用をかけずにじっくりと時間をかけてもいいならセルフケアと考えておくとよいでしょう。

妊娠によるストレッチマーク(妊娠線)の予防には

急激に太らないようにすることもストレッチマークの予防に繋がりますが、妊娠ではお腹が大きくならないようにするのは難しいもの。妊娠によるストレッチマークの予防でもっとも重要になるのは「乾燥を防ぐ」ということです。

ストレッチマークの予防・改善専用のクリームやオイルなどが販売されているので、必要に応じて使用することをおすすめします。お腹が膨らみ始める妊娠4~5ヶ月頃か、それより前から毎日保湿マッサージをおこない、皮膚の柔軟性を保つようにしましょう。

このとき重要なのは、効果が高いといわれるクリームやオイルを少しずつ使うのではなく、しっかり保湿できるものをたっぷりと使ってうるおいを保つこと。毎日たっぷり使えて、しっかり保湿できるクリームやオイルを選ぶようにしてください。

保湿剤の原料やマッサージの方法によっては、不調が現れてしまうことがありかもしれません。少しでも不調や不安を感じたら、すぐ医師に相談するようにしてくださいね。

ストレッチマークの予防・改善には、とにかく保湿が大事!たっぷり使えるクリームやオイル、ローションでしっかりとケアしてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

表情筋を鍛えるだけで整形並みの変化が…!6つのメリットを紹介します

「最近、可愛くなったよね?」って言われたい人集合!表情筋トレーニングだけで得られ …

水虫がうつらないために!水虫になったときのケアと予防法

水虫は「病気」です 水虫菌は暖かくて湿った環境で繁殖しやすくなります。春過ぎから …

おへそからにおいが!まずはケア、でも病気の可能性もあるので注意して!

においが気になったら石鹸や綿棒でケアしてみましょう おへそのにおいが気になってし …

ゲッ!やってたかも!意外に気づかない胸が垂れる毎日の習慣とは!?

加齢によってバストが垂れてくるのは仕方がないですが、若いうちから垂れてきてしまう …

ふくらはぎを細くする方法についてご紹介!

筋肉太り&脂肪太りを解消する方法とは? 短いスカートを履いた時などに、すらっとし …

ドライブラッシングでデトックス!セルライト予防にも効果あり

肌に合わせておすすめのブラシも紹介します もしかしたら聞いたことがある人もいるか …

夏は野菜や果物の摂り方に注意!紫外線対策のために夜食べたい食材

いつも食べている野菜や果物の選び方で、美肌をキープ 気温が高くなってくると気にな …

げげっ、女らしさが急降下!足首がむくむ理由とは?

アルコールと塩分には気をつけましょう 足全体の印象は、足首の状態で大きく左右され …

美ボディのマスト!毛穴レス肌になるポイントは普段のケアにあり!

基本ケアの洗顔と保湿で毛穴のないツルツル肌になれる 大人の女性にとって避けられな …

手足カサカサの乾燥肌はNG!保湿効果抜群のボディクリームの選び方・使い方

乾燥しやすい季節は顔だけじゃなく手足も保湿してスベスベ肌に! 乾燥する季節、お顔 …