美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

セルフホワイトニングって?エステサロンで自分で施術!お安く美歯を手に入れよう

今話題のセルフホワイトニング、自分で歯を白くできる

初対面での印象は最初の何秒かで決まってしまうと言いますが、歯の白い人は比較的にいい印象を抱きやすいですよね。にっこり笑って白くきれいな歯が見えたら、男女を問わずなんだかいい人のような気がしてしまいます。

歯に自信が持てなくて口をあけて笑えない…なんて方もいるのではないでしょうか。そんな印象づけで大切な歯の白さですが、生まれ持ってまっしろという方は案外少ないです。

そこで歯を歯科医にきれいに漂白してもらえるのが「ホワイトニング」ですが、最近話題になっているのがエステサロンでできる「セルフホワイトニング」です。

どういった点がセルフなのでしょうか?効果はあるのでしょうか?

自分で行うセルフホワイトニング、ホワイトニングとなにが違うの?

ホワイトニングとは

日本では法律上医師・歯科医師または歯科衛生士など医療、歯にまつわる資格をもっている人以外が口の中を触ることはできません。なので歯をきれいに白くするには医療従事者のいる医療機関へ行って施術してもらうことになります。

歯の表面に薬剤を塗り、光や熱をあたえて歯の黄ばみを分解していきます。また分解しただけでは歯の内側の黄褐色の部分が見えてしまうため、ホワイトニング剤には歯を白く見せる特性があるものが使用されます。

歯科医院で行われるホワイトニングは「オフィスホワイトニング」と呼ばれ、医院によって1回2,000~10,000円あたりと幅があります。

安いから白くならない、高いから効果が高い、というわけではありませんが、あまりにも安すぎる医院は機器の性能が低かったり効果の低い薬剤を使用していたり、すべきことを省いている可能性があります。

オフィスホワイトニングのメリット
  • 回数を経るたびに歯が白くなる
  • 本来の歯より白くできる
  • 医療従事者がいるためなにかあったとき対応できる

オフィスホワイトニングのデメリット

  • 時間がかかる
  • 一時的に歯が弱くなる

基本的には高濃度の薬剤を使用しているので、しみて強烈に痛むこともあります。基本的には24時間以内に収まりますが、耐えられないときは痛くなり始めのうちに痛み止めを飲むのも手段の一つです。

最近では薬剤に痛み止めやコーティング剤を配合して痛みをあまり感じないものもでてきています。

セルフホワイトニングとは

医院で行われるオフィスホワイトニングに対して、エステなどで行われるのがセルフホワイトニングです。医療機関ではないエステサロンや美容室などでは歯に触れる行為が法律で禁じられているため、自分自身が薬剤などをしようしてホワイトニングをするシステムです。

施術の流れ
  • 工程の説明をスタッフからうけます
  • ジェルを使って歯をきれいに磨き、口をあける開口器を自分でつけます
  • 口内の水分をティッシュなどで拭き取り、歯にジェルをぬります
  • ライトを照射します
  • 開口器を外して口をすすぎます
セルフホワイトニングのメリット
  • お手軽な価格
  • 時間があまりかからない
  • サロンなどお店の雰囲気がいい

セルフホワイトニングのデメリット

  • 歯本来の白さより明るくできない
  • すべて自分で行わなければならない
  • 2回目以降効果を感じにくい

 
セルフホワイトニングは本来の歯の自然な白さにすることが目的で、歯の表面の汚れを落とす行為です。多くの人はテレビや雑誌で芸能人のきれいでまっしろな歯を見慣れているため、日本人本来の歯の色は少し黄ばんでいるように感じるかもしれません。

セルフホワイトニングは効果がない?施術のしくみ

歯を漂白するには過酸化薬物が必要なのですが、これらは国の指導によって医療機関でしか扱えません。そのためエステサロンなどの店舗では市販で買える薬品しか使用することができません。

セルフホワイトニングで使用されるジェルはサロンや美容室によっても異なりますが、基本的には炭酸水素ナトリウム(重曹)、炭酸カルシウム、酸化チタンなどが主成分です。これらはだれしも手に入れることができるもので、成分的には歯磨き粉に入っているものと同じです。

通うたびにより白くなっていくホワイトニングと比べてしまうと歯の色をリセットするセルフホワイトニングはなんとなく白くなった気がする程度であったり、効果がないように感じてしまうかもしてません。

結論から言うと、歯をまっしろにしたいという方にはセルフホワイトニングは向きません。セルフホワイトニングはあくまで歯の本来の自然な白さを取り戻すための行為です。日本人が持つ歯の本来の白さ以上の明るさを求めるなら、歯科医院でのホワイトニングをおススメします。

かといって、エステなどでの施術が全く効果がでないわけではないです。セルフホワイトニングではジェルを塗ったのちに光をあてますが、光をあてるという行為自体に歯を白くする効果があります。個人差はありますが、白くなったと感じられる声も少なくないです。

セルフホワイトニングの注意点

セルフホワイトニングで使用されているジェルは成分的には市販で手に入り比較的には安全なものですが、量が多くなると体に悪影響を及ぼす可能性があります。終わったあとはよく口をすすぎ、薬剤を口内からしっかり洗い流してください。

セルフホワイトニングだけでは効果がこころもとないという方は、ホームホワイトニングも試してみてはいかがでしょう。自宅とサロン双方でケアすることでよりはやくホワイトニングできます。

施術はすべて自分で行うため、万一なにかあっても基本的には自己責任となります。大切な自分の歯だからこそ、しっかりと傷つけたりしないよう注意を払ってきれいにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ホワイトニングで歯が白くならないのはなぜ?対処法もチェック

歯が白くならない場合に考えられる理由や白くならない歯の特徴とは 透明感のある歯を …

歯肉が痛い、もしかしたらかなり深刻かも?

放置すると歯が抜けることも! 急に歯茎の歯肉が痛くなること、経験したことはありま …

ズキズキ痛みを伴う歯髄炎は原因を知って早めに対処しよう

歯髄炎で神経を抜くと歯が短命に、そうなる前に対応が必要 歯髄炎(しずいえん)は、 …

あごの骨が溶けてしまう危険性もある「歯根膜炎」ってどんな病気?

感染性と非感染性があり、放置すると症状が悪化、早めの医師への相談が必須 歯根膜炎 …

ガマンできない歯の痛みに…歯が痛い時に効くツボと避けたいNG行動

歯痛の応急処置に!痛みを悪化させてしまう行動もあわせて覚えよう 歯の痛みは突然現 …

失敗しないための矯正歯科の選び方とは

信頼できる矯正歯科を見つけるために押さえておきたいポイント 矯正治療を受けようと …

洗口液比較!人気マウスウォッシュの成分やおすすめの人は?

市販されている洗口液の特徴などを紹介!商品選びのポイントも。 できるだけ虫歯や歯 …

「歯周病」予防で歯茎のエイジングケアを始めよう!

年齢を重ねるとリスクがアップする歯周病について、原因や治療法、予防法などをわかり …

食事のたびに腫れや痛みに襲われる「唾石症」という病気について

唾石症は病院で治せます!唾石症が発生するメカニズムや原因、治療、予防などについて …

自宅で使えるホワイトニングジェルの効果とは?費用&注意点も。

使い方も簡単で人気のホワイトニングジェルってどんな方法? 歯を白くする方法といえ …