美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ホワイトニングで痛みを感じる理由は?対処法もチェック!

ホワイトニングの施術中・施術後に痛みを感じることも…。

ホワイトニングは歯を白くできる魅力的な施術ではありますが、痛みがあると聞いて不安に思っている方もいるかもしれません。また、歯を白くするためにホワイトニングをしたものの、痛みを感じるようになってしまった…という方がいます。この理由は何なのでしょうか。

ホワイトニングをする際に必ずしも痛みを感じるわけではありません。全く痛みなくホワイトニングを終えている方もいるのでこの点は勘違いしないようにしましょう。

ここでは痛みを感じるケースで挙げられる原因や対処法についてご紹介します。

ホワイトニングで歯が痛くなる原因

ホワイトニングをしている施術中や施術後に痛みを感じることがあります。ズキッとした一時的な痛みなのですが、この理由は何なのでしょうか。

ホワイトニングをする際には歯を白くする効果を持った過酸化水素を塗ります。この過酸化水素が歯や歯茎の組織から侵入し、痛みを感じることがあるのです。

普段から歯ぎしりをする癖があったり、虫歯の治療をしたばかりの方は歯や歯茎の状態が安定していないために痛みを強く感じることがあります。虫歯がある状態だとかなり痛みを強く感じることもあるため、先に虫歯の治療をするように勧められるのが一般的です。

普段から冷たいものを食べたり、熱いものを食べた際に痛みを感じやすい方はホワイトニング人の痛みも強く出る可能性があります。知覚過敏を感じている方は先にそちらの治療も検討してみましょう。

目立たないところにそれほど進行していない虫歯がある場合、虫歯治療よりもホワイトニングを優先したいと考えることもあるかもしれません。しかし、治療途中の歯や状態の悪い歯がある場合はホワイトニング中に急激な痛みを感じることもあるので、治療を最優先させるのが基本です。

このあたりは歯科医院によって考え方が違うため、小さな虫歯であればそこを保護して問題なくホワイトニングできるところもあります。

痛くないホワイトニングもある

ホワイトニングで感じる痛みは使われている薬剤の濃度によって異なります。高濃度のものは痛みを感じやすいため、痛みを抑えるためには弱い濃度のものを使えば良いのでは…と思うかもしれませんが、これでは思うようにホワイトニングの効果が得られません。

ただ、ホワイトニング用の薬剤の中には鎮痛剤が含まれているものもあったり、痛みが出ないようにあらかじめコーティング剤を塗布するなどの方法で対策を取っている歯科医院もあります。

できるだけホワイトニングの痛みを抑えて歯をキレイにしたいと思っているのであれば、痛くないホワイトニングを行っている歯科医院を探してみてくださいね。

探す時には実際にその歯科医院を利用した方の口コミ情報なども非常に参考になります。

ホワイトニングの痛み対策

ホワイトニングの施術中に感じる痛みは薬剤を塗布していることにより起こるものなので防ぎようがありません。これは我慢するしかないでしょう。

ただ、歯科医院によって使っている薬剤の濃度は違い、かなり強い薬剤を使っているところだと人によっては我慢できないような痛みを感じることもあるかもしれません。

これは我慢できなくなる前に歯科医に相談しましょう。人によって感じる痛みの強さは違うため、歯科医が予想している以上の痛みを感じている可能性もあります。

痛みについては直接伝えないとわからないので無理はしないでくださいね。普段から歯がしみたり、痛みを感じやすい方はそれをあらかじめ歯科医に相談しておくと対策を取ってくれるはずです。

また、ホワイトニングの施術後にズキズキとした痛みが残ることもあります。これも施術中に感じた痛みが残っている状態なので、痛みが引くのを待ちましょう。

通常、24時間ほど経過すれば痛みはなくなります。この間、歯にしみる熱いものや冷たいもの、辛いものなどを取ると痛みが強く出る可能性もあるので注意しなければなりません。

特に冷たいものは痛みを感じるきっかけにもなりやすいので心配な方は2日ほど避けておいてくださいね。

どうしても痛みが我慢できない場合は?

かなり痛みが強く出てしまい、24時間も痛みが引くのを待っていられない…!と感じる方もいるかもしれません。こういった場合、市販の痛み止めを飲むのも一つの方法です。

痛み止めの効果を十分に感じるためには痛みがピークを迎える前に飲むのがポイントになります。我慢できないような痛みが発生してから飲んでも十分な効果は期待できないので、早めに飲んでみましょう。

他には知覚過敏用の歯磨き粉を使って歯ブラシするのも効果的です。知覚過敏用の歯磨き粉の中には「硝酸カリウム」と呼ばれる成分が配合されているのですが、この成分には刺激伝達を妨げる働きがあります。

これによりホワイトニング後に出た痛みを緩和する作用が期待できるのです。

ドラッグストアやスーパーで市販されている歯磨き粉で良いのでこちらも検討してみましょう。

ホワイトニングの施術を受けて帰宅後、真夜中に痛みが我慢できなくなったとしてもなかなかそのタイミングで歯磨き粉を買いに行くことは難しいですよね。心配な方はホワイトニング後に痛みが出ることを予想し、あらかじめ購入しておきましょう。

ホワイトニングで痛みが出ない方も多いのですが、もしかしたら痛むかも…と予想してあらかじめ対策を取っておくのもおすすめです。しっかり対策を取っておけば安心してホワイトニングを受けられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

あごの骨が溶けてしまう危険性もある「歯根膜炎」ってどんな病気?

感染性と非感染性があり、放置すると症状が悪化、早めの医師への相談が必須 歯根膜炎 …

生理中の口臭がきつくなるって本当!?原因と対策をチェック!

生理中は口臭がひどくなりがちなので注意!しっかり対策を! 自分では気づかない方が …

ミュゼホワイトニングとは?特徴や料金、施術方法をご紹介!

恵比寿・池袋のミュゼホワイトニングをチェック!1本500円! ミュゼの公式ページ …

大人でも大丈夫!下顎前突の治療方法

外科的矯正治療の場合、保険が適用されることも 「下顎前突症」(かがくぜんとつしょ …

八重歯は一生もののチャームポイントではない!原因や治療法について

八重歯の基礎知識や具体的なデメリット、原因や治療について… 10代や20代の前半 …

よだれが臭いのは私だけ?唾液から嫌なニオイがする3つの大きな原因とは

ツバやよだれから嫌なニオイがしたら要注意!口臭が悪化しているかも… 寝ている間に …

早めの解消が重要、歯ぎしりの原因と歯へのダメージ

他人への迷惑だけでなく、歯への悪影響大! 旅行などで気になる「歯ぎしり」。眠って …

審美歯科について、これだけは知っておきたい基本項目

治療内容も金額も大きく異なる、歯科医院選びが重要 通常、歯科医院といえば虫歯や歯 …

あごがない×顔が面長×歯並びがよくない、もしかしたら「アデノイド顔貌」かも?

口内環境・消化器官への負担増、見た目だけではない「アデノイド顔貌(がんぼう)」リ …

歯がとれたら接着剤でくっつけてもいい?危険性と応急処置

差し歯や歯の詰め物が取れたからといって接着剤を使うのは絶対NG! 物を食べている …