美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ホワイトニングペンってなに?効果やおすすめの活用方法は?

ホワイトニングペンだけで歯は白くなる?効果的な使い方があった!

出典:amazon.jp

歯科医院に行かずにできるだけ簡単に歯を白くしたい…と思っているのであれば、「ホワイトニングペン」と呼ばれる相手も使う方法があります。

これは歯を白くする働きを持った成分が含まれている薬剤を直接塗るペンタイプのアイテムです。自宅でも簡単に使えるため、気になっている方も多いはず。

果たして効果や使いやすさ、値段はどのようになっているのでしょうか。

ホワイトニングペンとは?

歯の表面に薬剤を塗り、汚れを落とすための商品です。通販でも様々な商品が販売されていますが、ドラッグストアなどで購入できるものもあります。

ペンでジェルを塗布していくことになるのですが、このジェルには歯を白くする働きを持った亜塩素酸ナトリウムが含まれているのが特徴です。

この商品最大の魅力ともいえるのが自宅で自分で手軽にできるということ。歯科医院で行うホワイトニングは興味があるものの、何となく面倒だったり、費用がかかるという理由で選択できずにいる方も多いですよね。

ホワイトニングペンは商品さえ購入してしまえば自宅で自分でできるので非常に手軽です。また、歯科医院で行うホワイトニングに比べると費用を大きく抑えられます。

ホワイトニングペンの価格は?

商品によって違いがありますが、安いものだと2,000円前後、高いものだと5,000円前後が相場です。価格が高いほど効果も高いのか?というとそうではないようなので注意しておきましょう。

また、海外製品を購入している方もいるようです。この場合、個人輸入で購入する形になるでしょう。

ホワイトニングペンの効果は?

最も気になるのが、本当に効果はあるの?ということではないでしょうか。

まず、日本で販売されているホワイトニングペンは歯の表面についた汚れを落とす程度の効果しかありません。ホワイトニングペンには亜塩素酸ナトリウムが使われているとご紹介しましたが、この亜塩素酸ナトリウムは食品の添加物として使われることもある成分です。

ここからもわかる通り、歯科医院で行うような高い効果は期待できないでしょう。ただ、食品添加物に使われているのなら100%安全な成分なのか、と判断するのは正しくありません。というのも、危険性が高いこともあり限定的にしか使用が認められていない成分だからです。

劇物にも指定されており、使い方を間違えると危険だといえるでしょう。

ホワイトニングペンについては実際に使用した人の口コミ情報をチェックしてみると、何度も繰り返し使っているものの全く変化が実感できない、何となくくすみは減ったような気がするといったものはありますが、劇的に白くなったという口コミは多くありません。

一方で海外製品の場合は日本製品のように歯の表面の汚れを落とすだけでなく、歯の内部まで浸透して漂白する成分が含まれているものもあります。日本のものとは違い、歯科医院で行われているホワイトニングと同じ成分を少し弱めたものを使うこともあるのです。

そのため、海外製のホワイトニングペンであれば効果は期待できるでしょう。ただし、日本では薬事法によって使用や販売が禁止されていることもあり、購入する場合は自己責任となります。

成分が強いということはそれだけリスクもあるということ。安全性の問題を考えるのであれば個人で行うのはおすすめとはいえません。

ホワイトニングペンの効果的な使い方

黄ばんだ状態の歯をホワイトニングペンだけで真っ白の状態にするのは非常に難しいことです。そこで、歯科医院で行ったホワイトニングの白さを長持ちさせるためのアイテムとして使ってみましょう。

歯科医院ではホワイトニングペンよりも強い成分を使っていることもあり、高い効果が得られます。しかし、その効果は永遠に続くわけではありません。

毎日口にするものの中には歯に色がつく原因に繋がるものもあり、どうしても数ヶ月程度で色が戻りやすい状態になります。しかし、ホームケアの一環としてホワイトニングペンを使えば白さを長持ちさせられるのです。

短い間隔で歯科医院のホワイトニングを受けるとお金もかかりますが、安く購入できるホワイトニングペンを併用すれば費用を抑えて歯の白さを保てるでしょう。

日々の歯磨きでも歯の汚れを落とすことはできますが、ホワイトニングペンを使えばより効果的に汚れを浮かせられるので役立ててみてくださいね。

ホワイトニングペン総評

ホワイトニングペンだけで歯を真っ白にしようと考えるとなかなか難しいので、歯科医院で行ったホワイトニングの補助的な意味合いで活用してみましょう

確かに歯科医院で行うホワイトニングに比べると費用を抑えられますが、ホワイトニングペンのみを繰り返し行ったとしても大きな変化は得られません。結果的に歯科医院でしっかりホワイトニングを行った方が費用を抑えられた…という結果になると大変なので、過度な期待はしないようにしてくださいね。

歯科医院では一人ひとりの歯の状態をよく把握し、最適な施術が受けられます。安全性も高いので理想的な状態になるように相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

下がった歯茎を元通りに!歯茎再生治療の治療方法と気になる費用を調査

歯茎再生治療の費用は高い?保険が使えないって本当? 虫歯や歯の汚れを気にする方は …

ツラい知覚過敏…予防や治療は自宅ケアがカギ!?

知覚過敏が引き起こされるメカニズムや原因、治療法、予防法を、わかりやすく紹介しま …

白い歯は5歳若く見える!ホワイトニングでアンチエイジング!

黄ばみ・黒ずみによる老け顔ストップ!口元から若返ろう 普段気にしていなくても、ふ …

ぜったい押さえておきたい!歯列矯正の失敗の原因と対策

よくある失敗の原因、歯列矯正をしない方がいい場合も 時間もお金もかかる歯列矯正で …

セルフホワイトニングって?エステサロンで自分で施術!お安く美歯を手に入れよう

今話題のセルフホワイトニング、自分で歯を白くできる 初対面での印象は最初の何秒か …

口腔がんは早期発見が大事!症状やセルフチェックの方法は?

セルフチェックで発見しやすい口腔がんってどんな病気? がんは全身の様々なところに …

りぷさぷりは薬局や楽天で購入できる?効果や成分、口コミまで徹底検証

口唇ヘルペスの症状である唇のジュクジュクやチクチク…。痛いだけでなく、つい気にな …

いい歯科医院を見分ける4つのコツと7つのポイント!失敗しない歯医者の選び方

ポイントを抑えれば信頼できるいい歯医者さんは見つかります たくさんある歯科医院の …

歯の大きさ、気になってますか?小さい、大きいことのメリット・デメリット

コンプレックスに感じる場合は、審美歯科医に要相談 「前歯が大きい」「全体に歯が小 …

マウスピース矯正ってどんな方法?メリットやデメリットは?

「目立たない」「取り外しができる」ストレスの少ない歯科矯正 キレイな歯並びを得る …