美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

白い歯は5歳若く見える!ホワイトニングでアンチエイジング!

黄ばみ・黒ずみによる老け顔ストップ!口元から若返ろう

普段気にしていなくても、ふとした時に歯の黄ばみや黒ずみが気になることはありませんか?実は黄ばんだ歯は、顔の表情を一気に老けさせます。洗面台の照明では見逃すこともありますが、もしかしたら対面する相手は気づいているかも。

さまざまな美容レポートでも、歯並びとともに、歯の白さは若々しさの必須条件となっています。黄ばみの原因やホワイトニングの美容面での役割について調べてみました。

顔を老けさせる歯の黄ばみ・黒ずみの原因とは?

インスタグラムやフェイスブックなどのSNSで、写真を撮られたり全国的にアップされる機会が増えましたね。集合写真などは笑顔が多いと思いますが、その時に想定外に目立つのが口元!

美白ケアで肌が白い方や、しっかりメイクをしていると、かえって顔との対比で歯が黄ばんで見え、また歯茎も黒ずんで見えて、顔の印象を台無しにします。歯の黄ばみは、見た目年齢を5歳老けさせるという調査結果もあります。

歯の黄ばみ・黒ずみの原因には以下が考えられます。

ステイン(着色汚れ)やヤニ

コーヒーや赤ワインなどポリフェノールが多い飲食物を摂取すると、その色素が歯の表面に付着しステインとなります。ステインがあると虫歯や歯周病にもなりやすく、それも黄ばみや黒ずみの元となります。

タバコをよく吸う人も歯の表面にヤニが付着して黄ばみます。

加齢

歯の象牙質はもともと黄みがかっています。歯の内側には神経があり、それも加齢とともに黄ばんでいきます。それを覆っているエナメル質も日々のブラッシングなどで薄くなっていくので、黄ばみが透けて見えるのです。

歯石

歯磨きで正しく磨ききれず、磨き残しが多いと、食べカスと口内の細菌の塊であるプラーク(歯垢)が硬くなって歯石となります。最初は歯石の色は白?黄色ですが、ステインなどが付着することで、徐々に茶色から黒へと変わって行きます。

虫歯や歯の治療

虫歯になった歯は黒くなります。治療を受けた場合でも、詰め物によっては変色したり、また金属による歯の変色が生じることがあります。また虫歯などで神経が死んでしまったり、治療で神経を取りのぞいたりした場合も黒ずむ可能性が増えます。

表面に付着した汚れは歯磨きなどで減らすことができますが、内部の変色はホワイトニングで漂白しなければ白くすることはできません。

ホワイトニングのビューティ効果

歯科医でのホワイトニングは、薬剤によって歯の表面だけでなく内側から漂白するので、黄ばみや黒ずみを解消し、きれいな白い歯を実現します。それによって、以下のような美容効果・アンチエイジング効果が期待できます。

顔色が明るくなり、シミやしわも目立たない

ホワイトニングで歯が白くなると口元が明るくなるだけでなく、顔色全体をワントーン明るく見せる効果があります。レフ板効果でシミや小じわまで目立たなくなるとも言われています。

化粧ノリがよくなる

肌の色が明るくなるので厚塗りする必要がなくなり、化粧崩れやファンデのよれも防げます。またメイクのコントラストも際立つので、メイク映えを良くします。

若々しさをアピールできる

口元は、顔の中でも最も大きく動くパーツなので、対人関係の中では「目元」についで印象に残る部位とされています。ホワイトニングすることで、笑顔に自信も持てますし、若々しいイメージを作ることができます。タレントや役者さん、モデルがホワイトニングするのも、若々しく健康的な印象をアピールする目的があります。

清潔感が出る

白い歯は清潔感をぐっとアップし、大切な第一印象でぐぐっと好感度をアップします。また誠実さや信頼感もアピールできるので、海外では政治家がホワイトニングするのは常識となっています。逆に黄ばんでいると、不衛生なイメージを与えてしまう恐れもあり。

小顔効果も期待できる

口元に自信がないと、つい手で隠したり、しゃべらないようにしがちで、対人関係もぎくしゃく。極端な場合はひきこもってしまうこともあるようです。

しゃべらないことは、顔の筋肉を衰えさせ、むくみやたるみの原因にもなります。逆にホワイトニングで口元に自信が出るとおしゃべりも活発になり、筋肉が鍛えられて小顔作りにもつながります。

白い歯で若々しい表情・笑顔をゲットしよう!

ホワイトニングによる白い歯は、見た目をよくするだけでなく、表情を豊かに明るくします。口元に自信が持てるので、動作も含めた印象全般が活発に、若々しくなります。逆に黄ばんだり黒ずんだ歯は実年齢マイナス5歳の老け顔になってしまいます。

日々の歯磨きケアだけでは、加齢による黄ばみまでは除去できません。歯科医によるホワイトニングで、若さを取り戻しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

歯茎に良い食べ物を摂取して、歯周病を予防しよう

カルシウム、たんぱく質で歯茎を強化し、ビタミンC、食物繊維で歯周病を防ぐ 歯も歯 …

歯の大きさ、気になってますか?小さい、大きいことのメリット・デメリット

コンプレックスに感じる場合は、審美歯科医に要相談 「前歯が大きい」「全体に歯が小 …

セルフホワイトニングって?エステサロンで自分で施術!お安く美歯を手に入れよう

今話題のセルフホワイトニング、自分で歯を白くできる 初対面での印象は最初の何秒か …

美しく自然な歯並びのために、セラミック治療を!

審美性やトータルで長期的な歯の健康を考えて選ぶならセラミック治療 自然で美しい白 …

その歯の痛み、肩こりが原因かも…?意外な肩こりと歯痛の関係性

まったく関係ないような歯痛と肩こり、関係してることもあるんです 肩こりを感じると …

歯が痛い!急な歯痛対策に常備しておきたい、お薦めの市販薬

歯痛の応急処置はお任せ、使用方法を守って使いましょう 仕事中や通勤・通学中、真夜 …

理想的な歯磨きの時間は10分!ていねいな歯磨きができる6つの工夫

面倒な歯磨きも工夫しだいでしっかりていねいに! 歯磨きは、ほとんどの人が毎日おこ …

見た目だけでない出っ歯のデメリット、できれば早めの処置を!

治療で治せるケースが大半、コンプレックスを解消しよう 出っ歯が嫌で口をあけて笑う …

歯磨き粉の成分にはどんな効果があるの?知っているようで知らない成分のはなし

悩みや目的に合わせた歯磨き粉を選んでデンタルケアの効率アップ! 普段使っている歯 …

あごの骨が溶けてしまう危険性もある「歯根膜炎」ってどんな病気?

感染性と非感染性があり、放置すると症状が悪化、早めの医師への相談が必須 歯根膜炎 …