美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

白い歯は5歳若く見える!ホワイトニングでアンチエイジング!

黄ばみ・黒ずみによる老け顔ストップ!口元から若返ろう

普段気にしていなくても、ふとした時に歯の黄ばみや黒ずみが気になることはありませんか?実は黄ばんだ歯は、顔の表情を一気に老けさせます。洗面台の照明では見逃すこともありますが、もしかしたら対面する相手は気づいているかも。

さまざまな美容レポートでも、歯並びとともに、歯の白さは若々しさの必須条件となっています。黄ばみの原因やホワイトニングの美容面での役割について調べてみました。

顔を老けさせる歯の黄ばみ・黒ずみの原因とは?

インスタグラムやフェイスブックなどのSNSで、写真を撮られたり全国的にアップされる機会が増えましたね。集合写真などは笑顔が多いと思いますが、その時に想定外に目立つのが口元!

美白ケアで肌が白い方や、しっかりメイクをしていると、かえって顔との対比で歯が黄ばんで見え、また歯茎も黒ずんで見えて、顔の印象を台無しにします。歯の黄ばみは、見た目年齢を5歳老けさせるという調査結果もあります。

歯の黄ばみ・黒ずみの原因には以下が考えられます。

ステイン(着色汚れ)やヤニ

コーヒーや赤ワインなどポリフェノールが多い飲食物を摂取すると、その色素が歯の表面に付着しステインとなります。ステインがあると虫歯や歯周病にもなりやすく、それも黄ばみや黒ずみの元となります。

タバコをよく吸う人も歯の表面にヤニが付着して黄ばみます。

加齢

歯の象牙質はもともと黄みがかっています。歯の内側には神経があり、それも加齢とともに黄ばんでいきます。それを覆っているエナメル質も日々のブラッシングなどで薄くなっていくので、黄ばみが透けて見えるのです。

歯石

歯磨きで正しく磨ききれず、磨き残しが多いと、食べカスと口内の細菌の塊であるプラーク(歯垢)が硬くなって歯石となります。最初は歯石の色は白?黄色ですが、ステインなどが付着することで、徐々に茶色から黒へと変わって行きます。

虫歯や歯の治療

虫歯になった歯は黒くなります。治療を受けた場合でも、詰め物によっては変色したり、また金属による歯の変色が生じることがあります。また虫歯などで神経が死んでしまったり、治療で神経を取りのぞいたりした場合も黒ずむ可能性が増えます。

表面に付着した汚れは歯磨きなどで減らすことができますが、内部の変色はホワイトニングで漂白しなければ白くすることはできません。

ホワイトニングのビューティ効果

歯科医でのホワイトニングは、薬剤によって歯の表面だけでなく内側から漂白するので、黄ばみや黒ずみを解消し、きれいな白い歯を実現します。それによって、以下のような美容効果・アンチエイジング効果が期待できます。

顔色が明るくなり、シミやしわも目立たない

ホワイトニングで歯が白くなると口元が明るくなるだけでなく、顔色全体をワントーン明るく見せる効果があります。レフ板効果でシミや小じわまで目立たなくなるとも言われています。

化粧ノリがよくなる

肌の色が明るくなるので厚塗りする必要がなくなり、化粧崩れやファンデのよれも防げます。またメイクのコントラストも際立つので、メイク映えを良くします。

若々しさをアピールできる

口元は、顔の中でも最も大きく動くパーツなので、対人関係の中では「目元」についで印象に残る部位とされています。ホワイトニングすることで、笑顔に自信も持てますし、若々しいイメージを作ることができます。タレントや役者さん、モデルがホワイトニングするのも、若々しく健康的な印象をアピールする目的があります。

清潔感が出る

白い歯は清潔感をぐっとアップし、大切な第一印象でぐぐっと好感度をアップします。また誠実さや信頼感もアピールできるので、海外では政治家がホワイトニングするのは常識となっています。逆に黄ばんでいると、不衛生なイメージを与えてしまう恐れもあり。

小顔効果も期待できる

口元に自信がないと、つい手で隠したり、しゃべらないようにしがちで、対人関係もぎくしゃく。極端な場合はひきこもってしまうこともあるようです。

しゃべらないことは、顔の筋肉を衰えさせ、むくみやたるみの原因にもなります。逆にホワイトニングで口元に自信が出るとおしゃべりも活発になり、筋肉が鍛えられて小顔作りにもつながります。

白い歯で若々しい表情・笑顔をゲットしよう!

ホワイトニングによる白い歯は、見た目をよくするだけでなく、表情を豊かに明るくします。口元に自信が持てるので、動作も含めた印象全般が活発に、若々しくなります。逆に黄ばんだり黒ずんだ歯は実年齢マイナス5歳の老け顔になってしまいます。

日々の歯磨きケアだけでは、加齢による黄ばみまでは除去できません。歯科医によるホワイトニングで、若さを取り戻しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

歯石の除去は歯周病予防の第一歩!歯石除去の4つの効果とは

歯石を作らせないことは家庭でもできる予防歯科のひとつです 口の中の汚れとして知ら …

洗口液比較!人気マウスウォッシュの成分やおすすめの人は?

市販されている洗口液の特徴などを紹介!商品選びのポイントも。 できるだけ虫歯や歯 …

ココナッツオイルのオイルプリングがもたらすお口周りのトラブル改善効果は、嘘?本当?

オイルプリングのココナッツオイルがもたらす口腔環境へのメリットに焦点を当てて、「 …

目立たないのが魅力の裏側矯正、そのメリットとデメリットとは?

表側矯正とどう違うの?どちらがいいの?徹底検証 歯科矯正には従来型の「表側矯正」 …

口の中のがん!?あごの骨に現れる腫瘍「エナメル上皮腫」ってどんな病気?

定期的な歯科検診を受けることがエナメル上皮腫の早期発見に繋がります がんの原因と …

80歳になっても自分の歯を保つ!「8020運動」ってどんなこと?

イキイキとした生活のため、8020運動は思い立った今から始めましょう! 「802 …

下がった歯茎を元通りに!歯茎再生治療の治療方法と気になる費用を調査

歯茎再生治療の費用は高い?保険が使えないって本当? 虫歯や歯の汚れを気にする方は …

歯磨き粉の成分にはどんな効果があるの?知っているようで知らない成分のはなし

悩みや目的に合わせた歯磨き粉を選んでデンタルケアの効率アップ! 普段使っている歯 …

マウスピース矯正ってどんな方法?メリットやデメリットは?

「目立たない」「取り外しができる」ストレスの少ない歯科矯正 キレイな歯並びを得る …

歯茎のできもの、フィステルかも!?症状や原因などをわかりやすく説明します

「ときどき歯茎にできものができる…でも、放っておくと消えてしまう」 「歯茎のでき …