美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ホワイトニングで歯が白くならないのはなぜ?対処法もチェック

歯が白くならない場合に考えられる理由や白くならない歯の特徴とは

透明感のある歯を手に入れるためにホワイトニングをしているのに思っていたような効果が得られない…なぜか白くならない…といった悩みを抱えている方はたくさんいます。その理由は何なのでしょうか。

これからホワイトニングを検討している方にぜひとも参考にして欲しい情報についてご紹介します。効果的にホワイトニングを成功させるためにもチェックしてみてくださいね。

ホワイトニングしても歯が白くならない理由

1.白くなりにくい歯だった

どの歯でも同じように白くなるわけではありません。例えば、歯の着色具合も人によって違いがありますよね。普段から着色料を含む飲食物を避けていた方であればほんの1回のホワイトニングでも高い効果を期待できますが、着色がひどくなっている場合には何度か繰り返しホワイトニングをしなければ思うような効果は得られません。

また、加齢によって歯が変色することもありますが、こちらは通常の歯に比べると白くなり始めるまでにかかる期間が長いです。そのため、1回のホワイトニングではほとんど変わらなかった、効果がないと勘違いしてしまう方もいます。

同じく、幼少期に飲んだ抗生物質の中に歯の内部の着色を引き起こすものがあり、それが原因で変色している場合にはホワイトニングの効果が出にくかったり、得られにくい場合もあるので注意が必要です。

他には歯のエナメル質が薄くなっている場合にも黄色みを帯びた象牙質が露出しているためにホワイトニングの効果が出にくくなります。

2.白くならない歯だった

白くなりにくいどころか全くホワイトニングの効果が得られない歯もあります。例えば、詰め物や差し歯、インプラントなど天然の歯ではないものはホワイトニングの効果は得られません。

また、神経の通っていない歯もホワイトニングでは効果が得られないので気を付けておいてくださいね。

それから、歯の変色の原因が詰め物に使っている金属が溶け出して変色したことにある場合、こちらもホワイトニングでは効果が期待できません。他にも虫歯によって変色している歯をホワイトニングで白くすることはできないため、歯科医師によく相談しながらホワイトニングで効果が得られるか確認しましょう。

3.効果的なホワイトニングをしていなかった

もう長いことホワイトニングをしているのに全く変化がない!と悩んでいる方の中には市販されているホワイトニングペンなどを使ったホワイトニングを行っている方が多いようです。

自宅でできる方法は確かに簡単ではありますが、歯科医院で行われているホワイトニングに比べると極端に弱い薬剤を使っていることもあり、人によってはほとんど変化が実感できません。

そもそも今自分が選択しているホワイトニングの方法は本当に正式なホワイトニングなのか?ということから考えてみてくださいね。

歯科医院以外のホワイトニングで高い効果を期待することは非常に難しいです。というのも、歯科医院で行われているホワイトニングは歯の表面だけでなく、内側も漂白できる方法のですが、こういった効果的な施術は医療機関でなければできません。

その他の方法では歯の表面についた汚れを取り除くものがほとんどなので歯の色自体の変色やくすみを改善する効果は得られないのです。

セルフホワイトニングサロンの場合も同じで、歯科医院で使われるのに比べると弱い薬剤を使用しています。それに気づかず、「何度もホワイトニングしているのに白くならない…」と悩んでいる方がたくさんいるようです。

白くならない場合の対処法

まず、歯科医院以外で行われているホワイトニングを選択している場合、一度歯科医院でのホワイトニングも検討してみましょう。市販品を購入して行うようなホワイトニングは数ヶ月、数年続けても思うような効果が得られない方もいます。

無駄に長い期間をかけてしまうのではなく、まずは歯科医院のホワイトニングでしっかり歯を白くし、その白さを長持ちさせるための目的でホワイトニングペンなど市販のアイテムを使うことも検討してみてくださいね。

歯科医院でホワイトニングを行う際には事前に歯の汚れをしっかりクリーニングしておくことが大切です。表面が汚れたままの状態では薬剤がうまく塗布されず、ホワイトニングの効果が得られなくなったりムラが出てしまうことがあります。

また、歯科医院で行うホワイトニングの場合は一度の施術だけでは自分の希望通りの白さにならなかったとしても繰り返して行うことにより徐々に白さが増すので、様子を見ながら行いましょう。

1回で極端に白くなる薬剤はかなり薬剤の濃度が強く、痛みなどの心配もあります。そのため、どの歯科医院でも強すぎない薬剤を使用しているのです。

若い方に比べると高齢の方のほうがホワイトニングの効果が出てくるまでにかかる期間が長いので、歯科医師に相談をしながら長い目で見てホワイトニングを行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

寝起きの口臭は誰でもある?寝起きに口が臭くなる原因と対策法

朝の口臭は予防できる!今日からできる簡単口臭予防 朝起きた時に口の中がネバネバし …

審美歯科について、これだけは知っておきたい基本項目

治療内容も金額も大きく異なる、歯科医院選びが重要 通常、歯科医院といえば虫歯や歯 …

放っておくと怖い「ドライマウス」口臭や虫歯の原因になることも…

患者数が急増中「ドライマウス」は現代人が注意すべき症状 ドライマウスの患者数は近 …

目立たないのが魅力の裏側矯正、そのメリットとデメリットとは?

表側矯正とどう違うの?どちらがいいの?徹底検証 歯科矯正には従来型の「表側矯正」 …

放置すると抜歯することになる?歯根嚢胞の症状と治療方法

歯根嚢胞は早期治療が重要、歯茎の腫れや膿は痛くなくても歯科医へ 「歯根嚢胞」は、 …

やだ!歯茎が黒い!ピンク色に戻すには?

歯茎を変色させる原因と、歯医者さん・自宅でできる治療やケア方法について 笑顔から …

ホワイトニング方法を比較!それぞれのメリット・デメリットも紹介

ホワイトニングにはいろいろな方法があります。それぞれの特徴とは? 一口にホワイト …

見た目にインパクト大!「地図状舌」ってどんな病気?

幼児・若い女性に多い病気で、原因も治療方法も現時点では不明 舌にまだらに模様がで …

生理中の口臭がきつくなるって本当!?原因と対策をチェック!

生理中は口臭がひどくなりがちなので注意!しっかり対策を! 自分では気づかない方が …

大人のための虫歯ケア、きちんとできていますか?

治療済みの歯が一番危険!「二次カリエス」に気をつけよう! お子様の虫歯ケアには神 …