美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

目立たないのが魅力の裏側矯正、そのメリットとデメリットとは?

表側矯正とどう違うの?どちらがいいの?徹底検証

歯科矯正には従来型の「表側矯正」と、最近人気のある「裏側矯正」の2つの方法があります。裏側矯正は前から矯正器具が見えないところが大きなメリットですが、表側矯正より金額が高いなどデメリットもあります。どちらを選んだ方がいいのか悩む方も多いことでしょう。

どちらにしても歯科矯正は時間も費用もかかるだけに、慎重に選びたいところ。裏側矯正(舌側矯正)のポイントをまとめましたので、ぜひ判断の際の参考にしてくださいね。

裏側矯正(舌側矯正)とは

「裏側矯正」とは、名前通り矯正器具を歯の裏側に付ける方法で、「舌側矯正(ぜっそくきょうせい)」とも呼ばれています。通常の矯正では矯正装置を歯の表側に付けるのが一般的ですが、どうしても矯正器具が目立ってしまいます。その点、裏側矯正は器具が目立たず、矯正治療中であることを気づかれずに行うことができます。

ただし、治療としては「表側矯正」より難易度が高くなっています。歯の表側は表面がつるつるで平らな部分も多く、また、医師にとっても見やすいので、矯正装置が取り付けやすいのですが、歯の裏側は表面がデコボコで状態も人によってさまざまです。また裏側なので目視しにくく、装置の付き具合を直接確認しにくくなっています。

その分手間もコストもかかりますし、医師の技術力も問われます。「裏側矯正」をやっていない歯科医院もあるので事前に確認が必要です。

裏側矯正の器具には「固定式」と、「取り外しが可能なもの」とがありますが、固定式がメインで使われています。固定式の場合、ワイヤーを連結するための止め金(ブラケット)と、歯を正しい位置に移動させるワイヤーを使います。裏側矯正では歯の1本1本にブラケットを装着し、そこにワイヤーをつなぎワイヤーを締めることで矯正を行っていきます。以前はブラケットが大きく違和感や痛みもあったようですが、今は小型で薄いブラケットが開発されその負担は減っています。

治療の流れ

表側矯正では、医師が目視で矯正装置を歯に付けて微細な調整することができますが、裏側矯正ではそれは困難なので、事前に歯型を取り、歯並びに合わせた矯正器具を製作するステップが必要となります。

そのため技工室を医院内に設ける院内ラボや、裏側矯正の技工に長けた外部の技工所と連携していますが、その出来が治療に大きく影響します。

裏側矯正の流れ
  • カウンセリング
  • 精密検査:歯並び、虫歯や歯周病のチェック、X線撮影など
  • 矯正器具の製作:事前に歯型を取って、ぴったり合う精密な矯正器具を作ります。1人1人の歯型に合わせ熟練の技工士が作る完全なオーダーメイドとなり、製作まで1か月前後が必要です
  • 矯正器具の装着:完成した器具を歯の裏側に装着します。大体2時間前後かかります
  • 事後カウンセリング:注意点やブラッシング指導などを受けます
  • 定期健診:大体1か月に1度、細かな調整やクリーニングを受けます
  • 保定具を装着する:歯並びが安定したら矯正器具をはずして、代わりに後戻り防止のための保定具を装着します
  • 経過観察:3か月に1度程度来院して、後戻りが起こっていないかどうかをチェックします
  • 矯正完了:歯並びが戻らずしっかり安定すれば、保定具をはずして矯正完了となります

上記に要する期間は、歯並びや戻り具合によって差がありますが、カウンセリングから完了まででおよそ2年半程度なので、表側矯正とさほど変わりません。

裏側矯正のメリット

矯正器具が目立たない

裏側矯正では矯正装置が外側からは見えないので、他人に気づかれにくいのが最大のメリットです。矯正も続けやすいので、早く効果を出すことが可能です。接客業など対面の仕事の場合も安心です。また矯正器具に食べカスが詰まることがあっても目立たないので、気兼ねなく外食できます。

治療中も虫歯になりにくい

装着部分はどうしても歯磨きしにくいため、虫歯になる場合があります。実は、歯の裏側はエナメル質が表側より3倍も厚いので、表側矯正より虫歯菌の酸に負けにくいというメリットがあります。また歯の裏側は表面に比べて唾液循環が多いので、唾液の殺菌作用で虫歯がダブルで抑制されるのです。

前歯が出にくい

いわゆる出っ歯の矯正治療の場合、奥歯を固定源として前歯を後ろにひっぱって移動させます(抜歯して移動スペースを作る場合もあります)。ただし表側矯正の場合、器具の方が強く逆に奥歯が引っ張られて前に移動するケースがあるのです。その点裏側矯正では装置が奥歯を動きにくくするため、出っ歯の矯正もスムースに行えます。

後戻りリスクが減少

出っ歯の方の場合など無意識に舌で歯を押すクセがあると、後戻りのリスクが高まります。裏側矯正では裏側に矯正装置が付いているので、矯正装置自体が舌癖を防ぐ役割も果たすので、矯正中に舌の癖も治りやすく、装置後の後戻りのリスクも減少します。

裏側矯正のデメリット

違和感を感じる

表側矯正でもそうですが、口内に異物感や違和感を感じる場合があります。特に裏側は舌に触れやすく気になりやすいようです。数日から2週間ほどで慣れてきますし、最近では装置そのものが小さいので違和感は少なくなっています。

発音がしにくい

装置が邪魔で発音しにくい場合があります。日本語の「さ行、た行、ら行」、英語の「th」や「l」「r」など、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉は特に発音しにくいようです。1~2か月ぐらいで慣れ、普通に発音できるようになります。

食べづらい/歯磨きしづらい

矯正装置を着けた当初は、表側・裏側に関わらず食べづらさを感じたり、頬の内側を噛んでしまうことがあります。また歯が磨きにくく、特に凸凹の多い裏側は食べかすがたまりやすいので、よりていねいに歯磨きを行う必要があります。

表側矯正の装置より費用が高い

裏側矯正の一番のデメリットは費用です。前述のように高度な技術力が求められるうえ、個々人の歯形に合致するオーダーメイドの矯正器具を作る必要もあるので、表側矯正の約1.5倍の費用が必要です。

技術力、実績ある歯科医院を選ぶことが重要

目立たず矯正できるので、対人面含め、心理的な負担も軽減できるのが魅力の「裏側矯正」。裏側矯正ならではのデメリットとしては、発音のしにくさや金額の高さがあります。他の点では表側矯正でも感じるものが多いようです。

逆に出っ歯への矯正効果など、有利な面も多々あるので、自分の歯の状態やライフスタイル、仕事などをトータルに考えてどちらが向いているかを検討してください。

ただし。表側矯正に比べて高い技術力を要する部分が多いため、できない歯科医院も多く「表側矯正」を薦められる場合もあるようです。「裏側矯正」を希望する場合は、あらかじめ実績のある歯科医院を選ぶことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ホワイトニング方法を比較!それぞれのメリット・デメリットも紹介

ホワイトニングにはいろいろな方法があります。それぞれの特徴とは? 一口にホワイト …

リカルデントで、再石灰力&耐酸性を高めて初期むし歯を修復!

フッ素とともにデイリーなデンタルケアに取り入れたい 「リカルデント」というと、C …

食前に行う口腔体操で誤飲防止!スムーズに飲み込めるようになるポイント

物を飲み込みにくい、むせることが多い人は口腔体操で対策を! 年をとると食事をした …

マスクが臭い原因…それはあなた自身の口臭かも!マスクがにおう4つの理由と対策

マスクが臭いと感じたら、口臭や体調、ストレスをチェック! 風邪やインフルエンザの …

デンタルフロス、使いこなせると歯のケア力が大幅アップ!

歯垢除去力20%アップ、歯間の汚れ落としに絶大な効果あり! 歯ブラシだけでは落と …

アメリカでは定番アイテムのホワイトニングテープとは?使い方紹介

歯を白くする?!ホワイトニングテープを使う際に注意したいことや特徴について紹介 …

重曹ホワイトニングは低コストで始めやすい!けれどデメリットも…

重曹を使ったホワイトニングのメリット&デメリットについて 歯を白くするために昔か …

ズキズキ痛みを伴う歯髄炎は原因を知って早めに対処しよう

歯髄炎で神経を抜くと歯が短命に、そうなる前に対応が必要 歯髄炎(しずいえん)は、 …

その歯ブラシ合ってないかも?正しい歯ブラシ選びのポイント

かたさや動かしやすさ×歯や歯茎の状態をチェックして選ぼう 毎日使っている歯ブラシ …

頭痛・歯痛が一緒に出たら虫歯や群発頭痛の可能性!頭痛と歯痛の関係

痛みの原因を突き止めることが症状改善への第一歩 ストレスや睡眠不足、生理痛など、 …