美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ぜったい押さえておきたい!歯列矯正の失敗の原因と対策

よくある失敗の原因、歯列矯正をしない方がいい場合も

時間もお金もかかる歯列矯正ですが、残念ながら治療を受けても必ず成功するとは限りません。「失敗した」という口コミもけっこう多いのです。

あらかじめ歯列矯正の失敗の原因を把握しておくことで、これから矯正を始める人も「あれ?」と思った時に迅速に判断・対処することができます。歯列矯正の失敗時の原因と、矯正に失敗した時の対処法を調べました。

歯列矯正の失敗とは

そもそも歯列矯正の失敗とはどういう状態をいうのでしょうか。

時間がかかりすぎる

治療には個人差が大きく、治療計画が伸びてしまうことが多々あります。また医師の治療計画の見込み違いなどで、そのまま続けても矯正できないケースもあります。場合によっては矯正しきれないまま治療終了となるケースもあるので、「おかしいな」と思ったら早めの確認が必要です。

噛み合わせの悪化

治療中に上下で開きが出てしまい、いわゆる「開咬(オープンバイト」になることがあります。治療が進めば改善されることもありますが、「前歯で食べ物を噛み切りにくい」といった自覚症状がでたら、早めに医師に相談しましょう。

ズレが生じる/顎に痛みを感じる

矯正治療終了後、うまく噛めなかったりしゃべりにくいという場合、矯正によって顎が左右にずれている場合があります。

顎のずれは見た目的にもわかることもありますし、口を開けるたびに音がするといった症状で気づくパターンもあります。放置すると顎関節症や頭痛、肩こりの原因になる場合も。

後戻り

矯正が終了してきれいな歯並びになっても、安定していないと元に戻ることがあります。定期検診でチェックしてもらえますが、気づいた時点で医師に相談しましょう。

虫歯や歯のぐらつきなど

矯正中は矯正器具のためにうまく歯が磨けず、虫歯が悪化したり、新たに虫歯や歯周病になることがあります。また歯を動かした関係でぐらつきやすくなることもあります。最悪、歯が抜けてしまうケースも。

歯列矯正の失敗の原因とは

矯正では対処できない歯並び

ひどい乱ぐい歯や、開咬(かいこう)など顎に問題がある場合、矯正では対処できず、治療しても思ったような効果が得られません。外科治療をした方がよいケースもあります。

カウンセリング不足/診断ミス

治療に入る前のカウンセリングが不十分だと、顎や歯の大きさに問題があっても抜本的な解決にならず、矯正しきれなかったり、かえって歯並びや噛み合わせが悪化することがあります。

抜歯のミス

矯正では抜歯を行うことがありますが、その選定は非常に難しく、抜歯したけれど思ったような矯正効果が得られない、ということもあります。逆に抜歯すべき歯を抜かずに治療したために、後戻りしたり、歯同士が前に出てきて出っ歯になってしまう場合もあります。

顎がせまい

顎が未発達な小児期には、矯正することでかえって永久歯の歯並びが悪くなる場合があります。コンプレックスになるような歯並びは解消したほうがよいですが、その後の成長も考えた矯正が必要です。

後戻り対策が不十分

動かした歯は矯正装置が外れると、元の位置に戻ろうとするため、マウスピースなどで後戻りを防ぐ処置を行います。その処置が不十分だったり、本人がマウスピースの装着を怠ったりして、後戻りしてしまうことがあります。

コミュニケーション不足

専門的なことがわからないと、つい説明されるままに治療を進めてしまいがち。その結果、思ったような効果が得られないと不信感や不安を持ってしまいますよね。当初より時間があっかり、治療費がかさむケースも。

歯列矯正で失敗しないために

まず最初に、矯正すべきかどうかをよく考える

矯正は、歯並びや歯の大きさ、また歯肉の状態、顎の状態など個々人での差が大きく、他人の成功談が自分にも当てはまるとは限りません。また成長期かどうかといったタイミングもあります。デメリットもふまえて、本当に矯正すべきかどうかを検討する必要があります。医院の無料カウンセリングもあるので、活用して判断材料にしてください。

歯科医の選択

歯科矯正は技術面での知識や経験が求められますが、必ずしも全ての歯科医が同じレベルに到達しているわけではありません。歯列矯正専門医など実績のある医院を選ぶことが大切です。価格だけで決めることがないよう注意してください。

もし治療中に治療効果が感じられなかったり、医師の説明が不十分で疑問や不安を感じる場合は、思い切って転院することも重要です。治療中にセカンドオピニオン、サードオピニオンを活用するのもよいですね。

納得できる治療計画を

治療内容は専門的な部分もあってわかりにくいですが、納得いくまで説明をしてもらいましょう。金額や期間はもちろん、どのレベルをゴールと定めるのか、またあらかじめ気をつけておくべきことや失敗した時の対処も含めて、治療計画を立ててもらってください。

不安や疑問は治療開始までに相談し、安心して治療が受けられることがベストです。不安が続くようなら遠慮しないで別の医院を当たってください。

再治療を行う

治療後の後戻りや、開咬(オープンバイト)、顎関節症などの症状が出た場合、定期検診を待たずに再治療を申し出てください。この場合も再治療が不十分な場合は、病院を変えて治療を受ける方がよいでしょう。

最初の病院選びが重要、意思疎通のできる歯科医院を選ぼう

矯正は治療計画を立てて行いますが、シロウトでは説明を完全に理解するというのは困難で、医師任せの部分が多いと思います。一度治療がスタートすると、抜歯のように後戻りができない場合もあります。

失敗しないためには、まずは最初の病院選びをしっかりと。そして治療中も疑問点や不安などを解決し、しっかり意思疎通しながら治療を受けることが重要です。

残念ながら効果がない場合は、転院も含めて決断を行いましょう。遠慮やそれまでにかかった経費を考えるとなかなか難しいかもしれませんが、一生ものの歯並びのため、妥協しないことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

歯石の除去は歯周病予防の第一歩!歯石除去の4つの効果とは

歯石を作らせないことは家庭でもできる予防歯科のひとつです 口の中の汚れとして知ら …

自宅で、歯科で、どちらがいい?歯のホワイトニングの種類

どの方法もメリット・デメリットあり、何を重視するかが重要 セレブや有名人、政治家 …

フッ素で虫歯を予防しよう!フッ素で虫歯を防げるメカニズム

歯を強くして虫歯から守る「フッ素」を使った歯科治療や気になる費用 歯磨き粉に入っ …

食前に行う口腔体操で誤飲防止!スムーズに飲み込めるようになるポイント

物を飲み込みにくい、むせることが多い人は口腔体操で対策を! 年をとると食事をした …

放置すると抜歯することになる?歯根嚢胞の症状と治療方法

歯根嚢胞は早期治療が重要、歯茎の腫れや膿は痛くなくても歯科医へ 「歯根嚢胞」は、 …

アメリカでは定番アイテムのホワイトニングテープとは?使い方紹介

歯を白くする?!ホワイトニングテープを使う際に注意したいことや特徴について紹介 …

食事のたびに腫れや痛みに襲われる「唾石症」という病気について

唾石症は病院で治せます!唾石症が発生するメカニズムや原因、治療、予防などについて …

ガタガタ!ボコボコ!舌のふちに歯型がつく7つの原因と対処法

舌のふちにつく歯型は意外な病気のサインかもしれません 歯磨きをしながら鏡を見て、 …

舌がヒリヒリ、ピリピリ長期間痛む、もしかしたら舌痛症かも

女性ホルモンの変調やストレスなどが関係する、原因不明の舌の痛み 「舌痛症」(ぜっ …

ホワイトニング方法を比較!それぞれのメリット・デメリットも紹介

ホワイトニングにはいろいろな方法があります。それぞれの特徴とは? 一口にホワイト …