美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

加齢?歯周病?歯茎が下がる4つの原因と歯茎下がりの対処法

下がった歯茎、痩せた歯茎を改善させる方法はあります!
tooth1

なんだか歯が長くなった?と思ったら、それは歯茎が下がっているのかもしれません。歯茎が下がる、痩せる原因のひとつは加齢です。加齢は避けられないものですが、日頃のケアをしっかりしておくことで、歯茎下がりを予防し、改善していくことができるんですよ。

歯茎下がりかどうかをチェック!

まずは、歯茎下がりになっているかどうかをチェックしてみましょう。

□歯が長くなったように感じる
□食べ物がはさまりやすくなった
□冷たいものが歯にしみやすくなった
□歯と歯の間にすき間がある
□歯と歯の間の歯茎が丸みを帯びてきた
□歯磨きは強くブラッシングする方だ

どれかひとつでも当てはまることがあれば、歯茎が下がってきている可能性があります。

歯茎下がりの原因を突き止めて、予防・改善に努めましょう!

歯茎が下がってしまう4つの原因

毎日の歯磨きで、歯茎下がりのケアはできます。それでも歯茎が下がってくるという場合には、このような原因が考えられます。

加齢

一般的に、歯茎は10年で2ミリ下がると言われています。若いうちはケアを怠っていても大きな影響を感じにくいですが、加齢とともに歯茎下がりが目立ってくるようなら、若い頃のケア不足が現れているのかもしれません。

間違った歯磨き

力を入れてゴシゴシと歯磨きをすると、歯茎を一緒に削ってしまい、歯茎下がりの原因になります。力任せにブラッシングせず、やさしくマッサージするくらいの力加減で歯磨きをするのが理想です。ほかにも歯ブラシを大きく動かすロングストロークや、歯間ブラシなどを無理に通そうとするのも、歯茎を痛める原因です。

歯ぎしり・噛みしめ・噛み合わせの悪さ

歯ぎしりや噛みしめのクセで極端に強い力が加わったり、一部の歯が強く噛み合ってしまう噛み合わせになってしまったりすると、その部分の歯茎に負担がかかり、歯茎が痩せてしまいます。そこから歯茎下がりに繋がることがあります。

歯周病

歯茎下がりの一番の原因ともいえるのが歯周病です。進行するまで自覚症状がなく、放置してしまいがちな歯周病は、歯垢がたまることで歯茎の炎症が進み、最終的には歯を失ってしまう恐ろしい症状です。毎日しっかりと歯磨きでケアし、歯科医院で定期的な検診とクリーニングをおこなうことで、歯周病を予防できます。

下がった歯茎の対処法と予防法

歯茎下がりを元に戻すには、まず歯科医に相談してみましょう。

極端に歯茎が下がっている場合は、ほかの部位から歯肉や結合組織を移植して治療するという方法があります。また、噛み合わせの悪さが原因で歯茎が下がっている場合には、噛み合わせを調整することで歯茎下がりを改善することが可能です。

治療によって歯茎下がりを改善する方法は、歯科医の技術が大きく関わってきます。信頼できる歯科医にしっかり診断をしてもらい、納得できる治療法を選ぶようにしてくださいね。

歯茎下がりや歯茎痩せを予防するには、歯周病の予防と歯磨きのしかたを見直すのが一番です。

まず、夜寝る前の歯磨きを習慣づけましょう。歯磨きをしないと寝ている間の口の中は細菌だらけになり、歯を守ってくれる唾液量も減ってしまいます。夜寝る前、朝起きた後は必ず歯磨きをするようにし、できれば食後にも歯磨きをする習慣をつけたいところです。

歯ブラシの選び方にも注意

力を入れすぎないブラッシングの重要性は先ほどご紹介した通りですが、歯ブラシと歯磨き粉選びも重要です。

歯周病を防ぐためには、「硬すぎずヘッドが小さい」歯ブラシが最適です。歯ブラシの硬さは普通から柔らかめのものを選び、小さなヘッドを細かく動かすようにして歯磨きをしてください。

歯ブラシが傷んでくると歯茎を痛めたり、歯周病の予防効果が減ったりします。歯ブラシの状態をチェックしながら、少なくとも1ヶ月程度で新しいものと交換する習慣もつけたいですね。

歯磨き粉をつける場合は、粒子の細かい薬用歯磨き粉がベストです。粒子が荒いものや研磨剤入りの歯磨き粉は、歯や歯ぐきを傷つけやすいので避けましょう。

栄養面でも歯茎のケアができます。歯を支えている歯糖骨に必要な、カルシウムなどのミネラル、ビタミンCなどのビタミン類、コラーゲンを意識的に摂取するようにしましょう。

口元が老けて見えると、顔全体の印象も老けて見えがちです。日頃のちょっとした心がけで、歯茎下がりのケアや改善ができます。エイジングケアの一環としてのデンタルケア、今日からさっそくはじめてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ツルツルしていて舌が赤い…健康そうに見えても病気の可能性が!

舌の赤みが改善しなければ、なるべく早めに専門医へ! 健康で正常な舌の状態は、どん …

リカルデントで、再石灰力&耐酸性を高めて初期むし歯を修復!

フッ素とともにデイリーなデンタルケアに取り入れたい 「リカルデント」というと、C …

手磨きよりもスグレモノ?電動歯ブラシのメリット・デメリット

メリット・デメリットを理解して自分にあった歯ブラシを選びましょう 電動歯ブラシは …

痛みを感じにくいポリリン酸ホワイトニングの効果&費用を紹介!

白くて強い歯が手に入るポリリン酸ホワイトニングについて ホワイトニングには様々な …

「歯周病」予防で歯茎のエイジングケアを始めよう!

年齢を重ねるとリスクがアップする歯周病について、原因や治療法、予防法などをわかり …

アメリカでは定番アイテムのホワイトニングテープとは?使い方紹介

歯を白くする?!ホワイトニングテープを使う際に注意したいことや特徴について紹介 …

歯医者さんに行かなくてもいいの!?自然治癒で治せる虫歯がある!?

虫歯を自然治癒で治せるメカニズムや、自然治癒を目指せる段階などについて。 多くの …

歯並びが悪くなる原因は何?大人になってからでも改善できる!?

歯並びが悪くなる原因の中には、生えそろった歯にも対策を行えるものが存在しています …

必ず押さえておきたい、歯医者でホワイトニングする前の注意点

自己流ホワイトニングのリスクと最適ホワイトニング 真っ白な歯は笑顔に自信を持たせ …

歯がぐらぐらするのは危険信号!歯がぐらつく4つの原因と治療法

歯のぐらつきに要注意、放置していると歯が抜けることも… 歯は本来ならしっかり固定 …