美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

デンタルマウスピースのお手入れ方法紹介!傷つけないように注意

デンタルマウスピースを清潔に保つためのポイント、洗浄方法は?
00887800e391c21a5135de735a83908e_s

マウスピースは歯の矯正のほか、歯ぎしりの改善や歯の健康を守るためにも使われます。ですが、マウスピースから何となく嫌な臭いが…という悩みを抱えている方も多いようです。

それだけでなく、よく確認してみたところ細かいカビが生えていて驚いた経験をしたことがある方も。口の中に入れるものということもあり、できるだけ清潔な状態を保ちたいですよね。

見た目が綺麗だったとしても目には見えない小さなカビや汚れが蓄積している可能性もあります。それを口の中に入れれば体にとって良いものではないため、デンタルマウスピースのお手入れ方法についてご紹介しましょう。

デンタルマウスピース 基本のお手入れ

用意するのは歯ブラシです。このときにあまり硬くない歯ブラシを選択しましょう。硬い歯ブラシを使うとデンタルマウスピースが傷つき、小さな傷に汚れがたまりやすい状態になります。

やわらかい歯ブラシを使ったとしても必要以上に力を入れて擦ると傷をつける結果になるので気をつけてくださいね。また、力を入れすぎるとマウスピースが変形することもあります。

デンタルマウスピースを磨く際に歯磨き粉を使っているという方もいるようですが、これはおすすめできません。なぜなら歯磨き粉には研磨剤が入っているものが多いため、マウスピースに細かい汚れを付けてしまうからです。

デンタルリンスと呼ばれる液体の歯磨き粉であれば研磨剤が含まれていないので、デンタルリンスを活用してみてくださいね。

熱いお湯に注意

デンタルマウスピースの中には非常に熱に弱いものもあります。高温のお湯使うと簡単に変形するものもあるため、水が冷たい季節であったとしてもぬるま湯を使ってお手入れをしましょう。

専用の洗浄剤で殺菌しよう

歯ブラシを使って磨くだけでは取り除けない汚れがあります。そのため、専用の洗浄剤を使って徹底的に殺菌をしましょう。

大きめのオケやコップの中に洗浄器とデンタルマウスピースを入れることにより洗浄が完了します。

その他にスプレータイプの商品も出ており、歯ブラシなどを使って汚れを落とした後にスプレーをし、乾燥させるだけで殺菌が完了するので、自分にとって使いやすいものを選択しましょう。

重曹でも洗浄剤の代用ができます。ただ、歯ブラシなどに直接重曹を付けて磨くと傷がつくため、必ず水に溶かしてから使うのがポイントです。食器用洗剤でも良いという話もありますが、やはり口の中に入れるものということもあり専用のものを使ったほうが安心できるでしょう。

洗浄後のポイント

洗浄液を使う場合、よくすすいだ上で保管することが大切です。ナイトガードの場合はソフトタイプとハードタイプがあるのですが、ソフトタイプは洗浄液で洗浄をして水でよくすすいだ後に乾燥させて保管をします。

自分に乾燥させないうちにケースに入れるとカビが生えてしまうこともあるので注意が必要です。

一方、ハードタイプはすすぎをした後は水に付けて保管することで割れを防ぐことができるので自分の使っているデンタルマウスピースの正しい保管方法をもう一度見直してみましょう。

正しい保管で長持ちさせよう

デンタルマウスピースは使っているうちに少なからず劣化するものです。しかし、毎日丁寧なお手入れをすれば長持ちさせることも可能なので、取り扱いには十分注意してみてくださいね。

洗ったのに汚れや臭いが落ちない、変形したということであればそれを使い続けるのはおすすめできません。そういった場合には新しいものに買い換え、常に快適な状態でデンタルマウスピースを使えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

歯石の除去は歯周病予防の第一歩!歯石除去の4つの効果とは

歯石を作らせないことは家庭でもできる予防歯科のひとつです 口の中の汚れとして知ら …

頭痛・歯痛が一緒に出たら虫歯や群発頭痛の可能性!頭痛と歯痛の関係

痛みの原因を突き止めることが症状改善への第一歩 ストレスや睡眠不足、生理痛など、 …

下がった歯茎を元通りに!歯茎再生治療の治療方法と気になる費用を調査

歯茎再生治療の費用は高い?保険が使えないって本当? 虫歯や歯の汚れを気にする方は …

口の中のがん!?あごの骨に現れる腫瘍「エナメル上皮腫」ってどんな病気?

定期的な歯科検診を受けることがエナメル上皮腫の早期発見に繋がります がんの原因と …

「むし歯」ってどんな病気!?基本的な知識をわかりやすく紹介

誰でもリスクのある「むし歯」について、原因や治療方法、予防などについてをわかりや …

歯磨きの理想の回数は?専門家も勧める回数は「3+1」回!

食後と寝る前の歯磨きを習慣づけることはデンタルケアの第一歩です 毎日の歯磨き、1 …

早めの解消が重要、歯ぎしりの原因と歯へのダメージ

他人への迷惑だけでなく、歯への悪影響大! 旅行などで気になる「歯ぎしり」。眠って …

アゴの骨にできる腫瘍!?「歯牙腫(しがしゅ)」ってどんな病気?

歯牙種という病気や手術の必要性について、わかりやすく説明します。 小さな子どもや …

りぷさぷりは薬局や楽天で購入できる?効果や成分、口コミまで徹底検証

口唇ヘルペスの症状である唇のジュクジュクやチクチク…。痛いだけでなく、つい気にな …

大人の歯科矯正、費用のしくみを知っておこう

キレイな歯並びで健康な生活を送れるのは一生もののメリット 歯科矯正というと、なん …