美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

口内炎にも種類がある!原因や対策は?注意したい症状も…

たかが口内炎と考えるのは危険!?種類や症状などを紹介
b65ef77c177b65c320703f719a8a3f55_s

口内炎は誰でも一度はできたことがあるものではないでしょうか。一度できるとなかなか良くならず、ストレスにも繋がりますよね。口内炎を経験したことはあるものの、気付くと治っているから特に対策を取っていないという方も多いはず。

ですが、口内炎ができるのには理由があります。頻繁に口内炎ができるということであれば原因を知り、対策についても考えてみましょう。

また、中には放置してはいけないタイプの口内炎もあるので、たかが口内炎と考えるのは良くありません。

ここでは口内炎の種類や原因、治療法などについてご紹介します。

口内炎の原因は?

口の中に炎症が発生する口内炎は多くの方が経験しています。しかし、実はまだ原因ははっきりと解明されていないのです。

ただ、疲れを溜め込んでいるときやストレスを感じた時に口内炎ができたという経験を持っている方が多いため、体の不調とも深く関係しています。

口の中は常に湿った状態にあり、外から悪い細菌が入ってこないように働いている器官です。ですが疲れがたまっている時には防衛反応が過剰に働き、口内炎になると考えられています。

口内炎ができる時期というのは体が疲れていて免疫力も落ちている時期だと判断できますね。食生活が乱れていたり、ストレスを溜め込んでいる、十分な睡眠時間が取れていないということも原因に繋がるため、思い当たる原因があればそれを改善できるように対策をとりましょう。

また、虫歯も口内炎の原因です。虫歯があると口内が不衛生な状態になりやすく、口内炎の原因となる細菌も増殖するので早めに治療をしましょう。

他には、胃腸が弱っているときにも口内炎が発生しやすいです。暴飲暴食やストレスが原因で胃腸が荒れると消化不良に繋がり、食事から取った栄養素が吸収されにくくなるために炎症が発生しやすくなると考えられています。

このほかに熱いものや辛いものを食べた、物理的な刺激を受けたといったことも原因に繋がるので、自分の場合はどの原因に該当するのかチェックしてみましょう。

口内炎の種類

校内には大きく分けて次の5つの種類があります。

アフタ性口内炎

最も代表的な口内炎です。睡眠不足や栄養不足、免疫力の低下などが原因で発生します。小さな子供に発生することもあり、ほとんどの場合は2週間以内に状態が良くなるタイプの口内炎です。

ヘルペス性口内炎

ヘルペスウィルスへの感染により発生する口内炎で赤く腫れるのと強い痛みがあるのが特徴です。口の中だけでなく喉に近い粘膜などに発生することもあります。

しばらくすると水ぶくれが複数発生し、腫れと痛みが起きるのが特徴です。こちらは生後6ヶ月から3ヶ月くらいの乳幼児に発生しやすい口内炎なので重症化しないうちに治療を受けましょう。

カタル性口内炎

物理的な刺激や傷が原因で発生する口内炎です。入れ歯や矯正器具による刺激や熱いものを食べた際の火傷なども原因になります。

カンジダ性口内炎

カンジダというカビが増えることで発生する口内炎です。白い苔のようなものが口内に付着します。痛みはほとんどないのですが、状態が悪化すると痛みが発生して症状が変わることもあるのでカンジダ性口内炎を発見した場合には病院で検査を受けましょう。

ニコチン性口内炎

タバコに含まれるニコチンの成分が原因で発生する口内炎です。痛みは強くありませんが口の中の粘膜に発疹ができ、それが白く分厚くなります。

口内炎の対策

主な対策は疲れを溜め込まないということ。免疫力が低下している際に口内炎が発生しやすくなるため、睡眠不足や運動不足を解消し、健康的な生活を目指しましょう。

ストレスや疲れを溜め込まないことも大切です。

また、ビタミンB群が不足すると口内炎が発生しやすくなるため、ビタミンBを豊富に含む豚肉や納豆、カツオ、あさりなどを取り入れてみてくださいね。

中には持病の薬が原因で副作用として口内炎が発生するケースもあります。処方されている薬に原因があるのでは?と疑った場合には担当医に相談してみましょう。

口の中が不衛生な状態になると細菌が発生しやすくなり口内炎にもつながるので毎日丁寧な歯磨きをすることも大切です。

長引く場合は病院で検査を受けよう

口内炎は珍しい症状ではないために甘く見てしまいがちです。口の中に炎症が起きるということは身体に何らかの不調やトラブルが起きているサインでもあります。

特に症状が長引く場合には大きな病気が隠れている可能性も疑いましょう。中には口腔がんや舌がんの症状として口内炎に似たものが現れるケースもあるため、異常を感じたら早めに口腔外科などで診察を受けてみてくださいね。

なかには口内炎のようなトラブルが発生していてもそれに気づけない方もいるので、定期的に自分の口の中の様子を確認することも重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

歯がぐらぐらするのは危険信号!歯がぐらつく4つの原因と治療法

歯のぐらつきに要注意、放置していると歯が抜けることも… 歯は本来ならしっかり固定 …

歯医者さんの治療費…どうやって決まるの?

歯医者さんごとに治療費が異なる理由や、治療費がどのように決まるのかを説明します。 …

大人のための虫歯ケア、きちんとできていますか?

治療済みの歯が一番危険!「二次カリエス」に気をつけよう! お子様の虫歯ケアには神 …

自宅で使えるホワイトニングジェルの効果とは?費用&注意点も。

使い方も簡単で人気のホワイトニングジェルってどんな方法? 歯を白くする方法といえ …

早めの解消が重要、歯ぎしりの原因と歯へのダメージ

他人への迷惑だけでなく、歯への悪影響大! 旅行などで気になる「歯ぎしり」。眠って …

カタル性口内炎とは?原因や症状、対策、病院での治療法を紹介!

物理的な刺激が原因で起きるカタル性口内炎とは? 口内炎にはいくつかの種類がありま …

ツラい知覚過敏…予防や治療は自宅ケアがカギ!?

知覚過敏が引き起こされるメカニズムや原因、治療法、予防法を、わかりやすく紹介しま …

口の中に水ぶくれができる原因と解決策を症状とともに紹介

お口のなかに引き起こされるトラブルといえば、身近なものでは口内炎をイメージされる …

放っておくと怖い「ドライマウス」口臭や虫歯の原因になることも…

患者数が急増中「ドライマウス」は現代人が注意すべき症状 ドライマウスの患者数は近 …

歯茎が痩せる原因は…?若々しい口元を保つ方法を紹介します

歯茎が痩せるのは歳のせい!?それだけではない原因や、治療・予防の方法についてをわ …