美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

歯磨き粉に含まれている研磨剤のメリット・デメリット紹介!

研磨剤は歯を傷つけることもあるので注意!自分に向いているのは?
f0f1f4e94fa3c061309071ebc74f0790_s

歯磨き粉の中には研磨剤が含まれているものもあります。研磨剤が入っている歯磨き粉自体は珍しいものではないのですが、研磨剤は歯を削るという話を聞いて不安に思った方もいることでしょう。

歯を健康に美しくするために歯磨きをしているにも関わらず、その行為が歯を傷付けているとしたら大変ですよね。あまり気にしていなかったという方もいるかもしれませんが、市販されている歯磨き粉のほとんどには研磨剤が入っています。

ここでは研磨剤のメリットとデメリットを比較してご紹介しましょう。

研磨剤が含まれる歯磨き粉のメリット・デメリット

メリット

研磨剤は歯の表面に付着した汚れを取り除くだけでなく、歯垢が再付着するのを防ぐ役割も持っています。そのため、虫歯予防にもつながるのです。

汚れを落とす力が強いというのが研磨剤入り歯磨き粉の大きなメリットで、歯周病のリスクを低減させるのにも研磨剤入りの歯磨き粉が役立ちます。

歯周病を引き起こす大きな原因は歯垢の磨き残しによるものなので、歯垢を取り除く働きが強い研磨剤入り歯磨きを使った方が歯周病を防げる確率が高くなるのです。

デメリット

研磨剤入りの歯磨き粉を使うメリットとして歯周病リスクを低くできるとご紹介しましたが、磨き方を間違えるとかえって歯周病リスクが高まる場合もあります。必要以上に歯茎を強い強い力で磨くと小さな傷がつき、そこに歯周病や虫歯の原因となる歯垢が蓄積することもあるのです。

歯周病は虫歯以上に歯を失うリスクの高い病気なので、研磨剤入りの考えられる歯磨き粉を使っているから適当に磨いても歯周病予防になるはず、とは考えないようにしましょう。

研磨剤が含まれない歯磨き粉のメリット・デメリット

メリット

研磨剤入りの歯磨き粉に比べると刺激が弱く、歯を傷つける心配が少ないのが魅力です。研磨剤が入っていると歯の表面にあるエナメル質が剥がれ弱くなることがあるのですが、研磨剤の入っていないものであれば危険性が低くなります。

知覚過敏に悩んでいるという方は研磨剤が入っていないものを選択しましょう。特に子供の場合は大人に比べてエナメル質が非常に薄いため、研磨剤が入っているものは避けてあげてくださいね。

また、研磨剤が入っているものに比べると口内への刺激が少なくて済むため、歯茎から出血があったり口内炎がある場合にも刺激を抑えて歯を磨くことができます。

口の中にトラブルがあるとつい歯磨きも適当になりがちですが、トラブルが発生している時こそを清潔な状態に保つ必要があるため、研磨剤が含まれていない歯磨き粉を使ってしっかり磨きましょう。

デメリット

研磨剤が入っているものに比べると汚れを落とす力が弱いです。そのため、丁寧なブラッシングをしないと虫歯や歯周病のリスクが高まります。

正しいブラッシングができていれば歯磨き粉を使わなかったとしても虫歯予防効果は高いとされているので、研磨剤が入っていない歯磨き粉を使って虫歯ができてしまったという方はブラッシングの方法が正しいか確認してみましょう。

糸ようじやフロスを使うのも効果的です。

また、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うと着色汚れもつきやすくなるため、定期的に歯科医院でホワイトニングを検討する必要もあります。

メリットとデメリットを比較して最適なものを探そう

研磨剤が入っているものと入っていないものでそれぞれメリットとデメリットがあります。必ずしもどちらの方が良いとは言えないので、自分にとって最適な方法を選択してみましょう。

丁寧なブラッシングができるということであれば研磨剤が入っていない歯磨き粉を使用した方が歯茎や歯に与える負担は少なくて済みます。しかし、研磨剤なしの歯磨き粉にしたところ虫歯が増えた、歯周病が悪化したという方もいるので、自分の歯磨きの状況やお口の状態に合わせて研磨剤の有無を検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

大人のための虫歯ケア、きちんとできていますか?

治療済みの歯が一番危険!「二次カリエス」に気をつけよう! お子様の虫歯ケアには神 …

ガマンできない歯の痛みに…歯が痛い時に効くツボと避けたいNG行動

歯痛の応急処置に!痛みを悪化させてしまう行動もあわせて覚えよう 歯の痛みは突然現 …

その口内炎、難病のシグナルかも…「アフタ性口内炎」とは

口内炎は潰瘍!?アフタ性口内炎について、原因や予防法を紹介します。 食事中に口の …

歯の欠損、放置するとどうなる?口腔崩壊、顎関節症、老け顔・・・本当にコワイ歯の欠損

虫歯や歯周病、また転倒などの事故で歯を失うことを「欠損」といいます。歯周病治療な …

加齢?歯周病?歯茎が下がる4つの原因と歯茎下がりの対処法

下がった歯茎、痩せた歯茎を改善させる方法はあります! なんだか歯が長くなった?と …

口の中のがん!?あごの骨に現れる腫瘍「エナメル上皮腫」ってどんな病気?

定期的な歯科検診を受けることがエナメル上皮腫の早期発見に繋がります がんの原因と …

見た目だけでない出っ歯のデメリット、できれば早めの処置を!

治療で治せるケースが大半、コンプレックスを解消しよう 出っ歯が嫌で口をあけて笑う …

歯茎が痩せる原因は…?若々しい口元を保つ方法を紹介します

歯茎が痩せるのは歳のせい!?それだけではない原因や、治療・予防の方法についてをわ …

放置すると抜歯することになる?歯根嚢胞の症状と治療方法

歯根嚢胞は早期治療が重要、歯茎の腫れや膿は痛くなくても歯科医へ 「歯根嚢胞」は、 …

ホワイトニング方法を比較!それぞれのメリット・デメリットも紹介

ホワイトニングにはいろいろな方法があります。それぞれの特徴とは? 一口にホワイト …