美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

見た目だけでない出っ歯のデメリット、できれば早めの処置を!

治療で治せるケースが大半、コンプレックスを解消しよう
003389

出っ歯が嫌で口をあけて笑うことができなかったり、写真に写るのを避けたり。中には見た目の問題だけでなく会話や食事に支障をきたすなど、症状が深刻なケースも。

出っ歯は先天的なものと後天的なものがあるので、気をつけないと出っ歯になってしまう場合もあります。出っ歯の基本情報と、原因、またケア方法をまとめておきます。

出っ歯とは

一般的に「出っ歯」とは、前歯が目立つさまざまな状態を指して使われています。

  • 上の前歯が前方にそり気味に生えている
  • 上の前歯が大きいため、歯並び全体が前に押し出され気味になっている
  • 唇を閉じていても上の前歯の一部が口元から見える
  • 笑うと歯と歯茎がかなり目立つ

基本的に上の前歯は下の前歯より多少前に出ているので、すべてが病的な状態とはいえません。

実は、歯科医療には「出っ歯」という用語は正式には存在しません。何かの理由で“上の前歯が下の前歯よりも著しく前に出ている状態”を「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といい、そのために噛み合わせなどに問題が生じたケースを「上顎前突症」といいますが、これがいわゆる「出っ歯」のことです。

上の前歯が下の前歯から前方に突出している距離を「オーバージェット」と言いますが、オーバージェットの数値だけでは治療が必要かどうかは判断できません。オーバージェットが少なくても、顔立ち的に目立ってしまう場合と、オーバージェットが大きくても目立たない場合があるからです。

出っ歯のデメリットとしては、見た目以外にも以下があげられます。

  • 噛み合わせが悪く、食べ物がうまく噛み切れない
  • 口が閉じにくく、口中が乾燥しがちで、雑菌が繁殖しやすい→歯周病、口臭の原因に
  • あごに負担がかかって顎関節症になりやすい
  • 言葉がしゃべりにくい、明瞭な発声ができず聞き取りにくい

出っ歯はその人の特徴や個性、チャームポイントとなる場合もありますが、非常に目立って顔に自信が持てなくなる場合もあります。コンプレックスになるのであれば、矯正や治療を考えましょう。

出っ歯の種類と原因

出っ歯の種類

歯科医療上では「上顎前突症」は、骨格性のものと歯性のものに分けられています。

骨格性上顎前突症

骨格的に上あごのほうが下あごより大きく、それによって上の前歯が前に出てしまう状態です。上あごの骨が大きい場合もありますが、下あごの骨が小さかったり、「下顎後退」といって後ろに下がっているために、相対的に上あごが前方に突出してしまう場合が一般的です。

歯性上顎前突症

あごの骨の大きさ・位置に関係なく、上の前歯だけが前に出ている状態です。また、下の歯が内側に傾いていて、上の前歯が相対的に前に出て見える場合もあります。

出っ歯の原因

出っ歯の原因は、大きく先天的なものと後天的なものに分けられます。

先天性

生まれ付き上あごが出ている、あごが小さくて前歯が生えるスペースが狭く前に押し出されてしまう、上の前歯が大きい、などが要因となります。骨格は遺伝するのでご家族に出っ歯の方がいる場合、先天的なものが原因と考えられます。

後天的

幼少時から長時間頬杖をつくなど、あごの骨の発達を妨げるクセや習慣があごの骨をゆがめて、出っ歯になってしまう場合があります。

また、日常的に歯に強い力がかけ続けられることでも、歯が動いて出っ歯になってしまいます。乳幼児期のおしゃぶりや指しゃぶりの習慣や、舌や下唇を前歯で噛む、舌で前歯を押し出す、爪を噛むなどのクセなも要注意です。

出っ歯の治療方法

原因が歯性の場合は、矯正装置のブラケットによる歯列矯正だけでも治せる場合が多いです。歯の裏側に矯正装置をつける「舌側矯正」なら目立ちません。また透明のマウスピースを使った矯正なら自分で取り外しも可能です。

骨格が原因で歯列矯正だけでは難しい場合、あごの骨への外科手術(顎矯正手術=がくきょうせいしゅじゅつ)を併用する必要があります。あごが小さくて前歯を納めるためのスペースがない場合、抜歯や歯を削ってスペースを作る必要がある場合もあります。

まとめ 矯正だけで悩みから解放されるかも?まずは歯科医に相談を

出っ歯は先天的な原因と後天的な原因に分かれます。クセから出っ歯になる場合もあるので要注意です。ただし、後天的な場合は治療もしやすいようです。

あごや歯の状態によって可能な施術や最適な施術は異なります。出っ歯の治療は個人差が大きいので、まずは歯科医に相談してください。思っているより簡単に治療できるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ガタガタ!ボコボコ!舌のふちに歯型がつく7つの原因と対処法

舌のふちにつく歯型は意外な病気のサインかもしれません 歯磨きをしながら鏡を見て、 …

アゴの骨にできる腫瘍!?「歯牙腫(しがしゅ)」ってどんな病気?

歯牙種という病気や手術の必要性について、わかりやすく説明します。 小さな子どもや …

親知らずを抜いた後は、違和感があって当然!?トラブル(ドライソケット)との見分け方

「親知らずを抜いた後、違和感がある…」と不安な方へ!抜歯後の通常な違和感と、トラ …

白い歯キープ♪歯の着色汚れ“ステイン”の原因と除去・予防法

正しいケアと予防法でステイン知らずの白い歯を目指しましょう! なんとなく歯がくす …

下がった歯茎を元通りに!歯茎再生治療の治療方法と気になる費用を調査

歯茎再生治療の費用は高い?保険が使えないって本当? 虫歯や歯の汚れを気にする方は …

舌がヒリヒリ、ピリピリ長期間痛む、もしかしたら舌痛症かも

女性ホルモンの変調やストレスなどが関係する、原因不明の舌の痛み 「舌痛症」(ぜっ …

80歳になっても自分の歯を保つ!「8020運動」ってどんなこと?

イキイキとした生活のため、8020運動は思い立った今から始めましょう! 「802 …

矯正治療の費用と期間、医院によって異なるので要注意!

治療内容、費用、時間をしっかり確認、信頼できる医療機関を選ぼう 歯並びが悪いと以 …

ホワイトニング後には食べてはいけない食品とその理由

ホワイトニング後の食事がホワイトニング効果を左右する! ホワイトニング後、特に気 …

ツルツルしていて舌が赤い…健康そうに見えても病気の可能性が!

舌の赤みが改善しなければ、なるべく早めに専門医へ! 健康で正常な舌の状態は、どん …