美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

歯肉が痛い、もしかしたらかなり深刻かも?

放置すると歯が抜けることも!
15bda6a5b51e5d0adddb3cef1795c146_s

急に歯茎の歯肉が痛くなること、経験したことはありませんか?いつもは平気なのに、疲れた時や風邪など病気になると歯茎が痛む、という方も多いようです。

「我慢しているうちに治った」「腫れてたけど膿が出たら痛みはひいた」という場合、抜本的な解決になっていないので、またちょっとしたことで痛みがぶり返してしまいます。そのうちに症状が悪化して、最悪歯が抜けてしまう危険もあります。

歯肉が痛む原因と、その対処方法をまとめてみました。歯肉の痛みが気になる方はぜひチェックしてください。

歯肉が痛む原因

歯肉の痛みとしては、炎症によるものと、歯ブラシによる摩擦傷のような外傷があります。

歯周病による歯肉の炎症

歯肉の痛みの原因として最も多いのが歯周病です。歯周病は日本人の成人の約8割がかかっていて、いまや国民病ともいえるレベルです。

歯周病の初期症状に「歯肉炎」がありますが、この段階ではあまり痛みを感じません。気がつかないまま炎症が進行して歯周ポケットが作られ、深まって行きます。

歯周病が進行すると、細菌によって炎症を起こし歯周ポケットに膿がたまり、歯茎が腫れることで神経を圧迫し、痛みが発生します。歯茎から膿が出るようになった状態が「歯槽膿漏」です。

自然に膿が出ると、痛みはひきますが、抜本的に解決しないと何度でも炎症を繰り返し、骨を溶かして最終的に歯が抜ける根尖性歯周炎による炎症

虫歯を放置したり根の治療がうまくいかないと、歯の根の先が腫れて膿がたまって痛む「歯根尖病巣(こんせんびょうそう)」になる場合があります。痛みがないまま進行して、ある日突然歯茎が痛むので、気がついた時には症状が重くなっています。

根尖性歯周炎の原因としては以下があります。

  • 虫歯が根っこの先まで進んで、感染が広がった場合
  • 歯の神経が自然に死んで腐ってしまい、細菌が繁殖して毒素が排出されている場合
  • ボールがぶつかるといった外傷で、歯の根元の神経が切断されて生じる場合
  • 詰め物やかぶせ物の隙間からばい菌が感染した場合

親知らず

歯親知らずは生え切っていないものも含めてブラシが届きにくく、歯垢がたまって炎症をおこしやすいのです。また、上に親知らずがある場合には、下の歯肉に当たって歯肉が傷つき、痛みが出る場合があります。

口内炎

口内炎は頬の内側や舌にできるイメージがありますが、歯茎にもできます。歯茎の口内炎には以下があります。

アフタ性口内炎

最もできる頻度が多い、円形で中央がくぼんでいる白っぽい口内炎で、歯茎が痛んだり食べ物がしみたりします。疲れやストレス、寝不足やビタミン不足によって、免疫が低下することでできる口内炎です。

ウイルス性口内炎

ウイルスが原因の口内炎で、水ぶくれのような状態になり、強い痛みや熱を伴うこともあります。水ぶくれが破れてただれることもあります。

歯ブラシによる摩擦傷

歯ブラシで磨きすぎて歯肉に傷がついてしまうことで痛みが出ることがあります。またその傷に細菌が感染すると、口内炎になったり炎症を起こしてしまいます。

歯肉の痛みを軽減するには?

原因にもよりますが、歯茎に痛みを感じる時には、以下の対処を行ってみてください。

柔らかい歯ブラシを使う

歯茎に炎症があるからといって、歯磨きをやめると細菌の繁殖がますます活発になり、ますます炎症がひどくなります。炎症部分を圧迫しないように、柔らかめの歯ブラシで力を入れずに磨きましょう。歯間歯ブラシや洗口剤なども併用して、口の中を清潔に保ってください。

歯茎を冷やす

むし歯があったり、その治療後の痛みなどで熱をもってうずくような場合は、冷たい水を口に含んだり、むし歯周辺を保冷剤などで冷やすようにしてください。それによって血流を落ち着かせて血液量が減少し、神経の圧迫が解消され痛みも軽減されます。

こまめに水を飲んだりうがいをすることも、クールダウンとともに口内を清潔に保てるので、心がけてください。

痛み止めを使う

痛みがひどい場合は無理に我慢せず、鎮痛剤を使いましょう。
ただし、鎮痛剤では抜本的な解決は行えません。口内炎やむし歯、歯周病など原因がはっきりわかっている場合は、早めに医師に相談して、元から治していきましょう。口内炎の場合は自宅で使える塗り薬もあります。

まとめ 歯茎の内側からの痛みと、外側の痛み、まずは原因を見極めて対処を

口内炎や親知らず、歯ブラシの摩擦傷など、歯茎の外側に原因がある場合は自宅でも対処しやすいのですが、歯周病や根尖性歯周炎のように内部で進行する場合、歯茎に痛みが出た時にはすでにかなりの重症となっています。早急に歯科医で治療を受けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ズキズキ痛みを伴う歯髄炎は原因を知って早めに対処しよう

歯髄炎で神経を抜くと歯が短命に、そうなる前に対応が必要 歯髄炎(しずいえん)は、 …

口の中のがん!?あごの骨に現れる腫瘍「エナメル上皮腫」ってどんな病気?

定期的な歯科検診を受けることがエナメル上皮腫の早期発見に繋がります がんの原因と …

加齢?歯周病?歯茎が下がる4つの原因と歯茎下がりの対処法

下がった歯茎、痩せた歯茎を改善させる方法はあります! なんだか歯が長くなった?と …

あごがない×顔が面長×歯並びがよくない、もしかしたら「アデノイド顔貌」かも?

口内環境・消化器官への負担増、見た目だけではない「アデノイド顔貌(がんぼう)」リ …

舌に水疱ができた、免疫が低下しているからかも!

舌に水疱ができる病気を知っておこう 口内炎は経験ある方多いと思いますが、舌に水疱 …

早めの解消が重要、歯ぎしりの原因と歯へのダメージ

他人への迷惑だけでなく、歯への悪影響大! 旅行などで気になる「歯ぎしり」。眠って …

リステリンは口臭、歯肉炎の予防に効果的!種類や使い方は?

口に含んで30秒ほどすすぐだけの簡単口内ケア!リステリンとは? 口臭や歯肉炎対策 …

放置すると抜歯することになる?歯根嚢胞の症状と治療方法

歯根嚢胞は早期治療が重要、歯茎の腫れや膿は痛くなくても歯科医へ 「歯根嚢胞」は、 …

お口のトラブルは歯垢(プラーク)が招く!歯垢についてわかりやすく説明

オーラルケアの用語として、歯垢やプラークという言葉は非常によく聞くキーワードです …

やだ!歯茎が黒い!ピンク色に戻すには?

歯茎を変色させる原因と、歯医者さん・自宅でできる治療やケア方法について 笑顔から …