美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

白い歯キープ♪歯の着色汚れ“ステイン”の原因と除去・予防法

正しいケアと予防法でステイン知らずの白い歯を目指しましょう!

なんとなく歯がくすんで見える、黄ばんでいるように感じる。歯のくすみや黄ばみの主な原因は、ステインと呼ばれる着色汚れです。

食べ物や飲み物、タバコなどでステインが付着してしまうため、毎日歯磨きしていたとしても、ステインは歯についてしまいます。

ステインを落とさないままでいると、歯に色素が沈着してしまい、くすみや黄ばみが落ちにくくなってしまいます。いくら歯並びが良くても、パッと口を開いたときに歯がくすんでいたり、黄ばんでいたりしたら、やっぱり気になりますよね。

虫歯や歯周病とは直接関係しないステイン汚れでも、見た目のよさを考えたら、ないほうがよいと思う人がほとんどではないでしょうか。

見た目に影響するステインは、普段のケアに気をつけるだけでも予防することができます。そんなステインがついてしまう原因と、除去する方法、そしてステイン付着の予防法をご紹介します。

ステインが付着してしまう理由

食べ物や飲み物のタンニン、タバコのニコチンなどが元となっているステインが歯に付着してしまう理由は、歯の表面組織にあります。

歯の表面は、エナメル質と呼ばれる物質でコーティングされています。歯が白くツルツルしているのは、このエナメル質によるもので、エナメル質の表面は、唾液から分泌されるペクリルという薄い膜で覆われています。

このペクリルが、ステインの元となっているタンニンやニコチンといった成分を結びつけてしまい、ステインが歯に付着してしまうのです。

ペクリルは、虫歯を発生させる菌から歯を守ってくれる役割のある大切なものですが、色素やニコチンと結びつくことで、ステインを発生させてしまうというわけですね。

加齢によってステインは落ちにくくなる

ステインは、歯に付着している期間が長ければ長いほど、落ちにくくなります。

若いうちは、少々長く付着しているステインがあっても、ある程度落とすことができるのに対し、歳を重ねると、定着したステインはどんどん落ちにくくなっていくのです。

20代から少しずつ歯のくすみや黄ばみが目立ち始め、30代を過ぎると、付着したステインを落とすのは難しくなっていきます。つまり、若い頃からステイン対策をしておくことが、白い歯をキープする第一歩といえるのです。

ステインが付着しやすい食べ物・飲み物

タバコのニコチン以外では、食べ物・飲み物に含まれる色素や成分がステインの元となってしまいます。ステインが付着しやすい食べ物・飲み物には、このようなものがあります。

食べ物
チョコレート、大豆食品、ココア、バナナ、ブドウ、リンゴ、ブルーベリー、プルーン、柿、ネギ類、ニンニク、緑黄色野菜、カレー、ミートソース など
飲み物
コーヒー、お茶類、赤ワイン など

カレーやミートソースといった色の濃い食べ物、ポリフェノールを含むワイン、そしてコーヒーやお茶はステインが付着しやすいというイメージがあるものの、こんな食べ物でステインが?と思ったものもあるのではないでしょうか。

それぞれの食品が持つ、ステインの元になりやすい成分についても見ていきましょう。

ステインの元となりやすい食品に含まれる成分

タンニン

ポリフェノールの一種で、渋みを出している成分です。ワインやお茶、柿、バナナなどに含まれます。

アントシアニン

目の健康によいといわれている成分で、ブルーベリー、ブドウ、プルーンなどに含まれる、赤紫色の色素です。

イソフラボン

大豆や豆腐、豆乳などの大豆食品に含まれるポリフェノールの一種です。

カテキン

緑茶に多く含まれる成分で、フラボノイドの一種です。

カカオマスポリフェノール

チョコレートやココアに含まれるポリフェノールの一種です。

イオウ化合物

ネギやニンニクといった食品の、刺激や辛みの元になる成分です。

ビタミンB群

ビタミン類の中には、独特の色を持つものがあります。ビタミンB2は濃い黄色やオレンジ色、ビタミンB12はピンク色と、特にビタミンB群は濃い色素を持つものが多いので、ステインの元になりやすいと考えられています。

ステインの元になりやすい食品の成分を見てみると、女性の健康や美容にとっては嬉しい成分ばかり。しかし、歯の美しさにとっては問題となる成分になってしまうんですね。

ステインを除去する方法

付着してしまったステインを除去する方法は、歯科医院でおこなうものと、自宅などでおこなうものがあります。

歯科医院でおこなうステイン除去

ステインは歯の表面に付着するだけでなく、表面に細かい傷があれば、そこに入り込んで定着してしまいます。

歯科医院でステイン除去やホワイトニングをおこなえば、傷の修復などもおこなうことができますが、ホワイトニングの内容や歯科医院によっては、保険の適用外となってしまい、費用が高くなることもあります。

自宅でおこなうステイン除去

自宅でおこなうステイン除去のメリットは、好きなときにできて、比較的安価で済むという点です。

歯磨き

もっとも一般的なステイン除去の方法です。ステインを除去できるタイプの歯磨き粉を選びましょう。
ステイン除去モードがついている電動歯ブラシを使うのも便利です。

ステイン除去できるホワイトニング用品

歯の消しゴムと呼ばれるタイプや、薬剤を筆やペンで歯に直接塗るタイプがあります。

歯を白くする効果があまり長続きしないので、定期的に使ったり、お出かけ前など必要なときに使ったりと、使い方を工夫しましょう。

重曹

お掃除にも使われる重曹は研磨剤になるため、歯磨きやステイン除去にも使用できます。

ただ、たくさん使うと歯や口の中を傷めてしまうので、コップ1杯に小さじ3分の1程度の重曹を溶かし、ぶくぶくうがいをして歯磨きをする「重曹うがい」の方法がオススメです。

ただ、重曹には塩分が含まれているので、塩分制限をしているという人は、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。
口の中に入れるものなので、必ず食用の重曹を選ぶようにしてください。

自宅でステイン除去をおこなう場合は、とにかく続けることが大切です。可能な限り毎日ステイン除去できる方法を選んで、しっかり続けながら、定期的に歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。

ステインを付着させない4つの予防法

毎日の歯磨きやステインケアのほかにも、ステインの付着を予防するちょっとしたコツがあります。

食後は水で口をゆすぐ

すぐに歯磨きができないときでも、食後やお茶・コーヒーを飲んだあとには、水で口をゆすぐ習慣をつけましょう。うがいができないときは水を飲んで、歯に付着したステインの元を流すようにします。

ガムを噛む・タブレットを食べる

口の中が乾くと、汚れが定着しやすくなります。ガムを噛んだりタブレットを口に含んだりすることで唾液の分泌を促し、ステインの元が歯に定着するのを防ぐことができます。

ゴシゴシと歯を磨かない

着色汚れを落とそうとするあまり、歯ブラシで歯をゴシゴシと磨くのはよくありません。ゴシゴシ磨きを続けると、歯の表面に細かい傷がつき、デコボコになった表面にステインが付着しやすくなります。
やわらかめ~ふつうの固さの歯ブラシを選び、強く磨きすぎないようにしましょう。

禁煙する

タバコのニコチンによるステイン汚れが気になる場合は、禁煙することが一番の予防法です。

ステインを付着させないようにするには、とにかく毎日ケアをすることが大切です。

歯に定着する前にステインの元となる成分や色素をしっかり洗い流したり、ステインの元となる成分を含む食べ物や飲み物を摂りすぎないようにしたり、できるところからステイン対策をすれば、少しずつでも白い歯を取り戻すことができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

その歯ブラシ合ってないかも?正しい歯ブラシ選びのポイント

かたさや動かしやすさ×歯や歯茎の状態をチェックして選ぼう 毎日使っている歯ブラシ …

ぜったい押さえておきたい!歯列矯正の失敗の原因と対策

よくある失敗の原因、歯列矯正をしない方がいい場合も 時間もお金もかかる歯列矯正で …

舌が白い原因は?自宅ケアで改善できるものと、可能性がある病気について…

舌を白くする「舌苔」について、また舌苔が増えてしまう原因や、白い舌が症状となる病 …

薬用ピュオーラ 洗口液で細菌や汚れを撃退!種類・特徴は?

薬用ピュオーラの洗口液が人気!どのような商品? 花王から発売されている薬用ピュオ …

よだれが臭いのは私だけ?唾液から嫌なニオイがする3つの大きな原因とは

ツバやよだれから嫌なニオイがしたら要注意!口臭が悪化しているかも… 寝ている間に …

舌をきれいにするつもりが、逆に傷つけているかも!舌苔ケアの基本

汚いし、口臭の原因にも…!舌苔をケアして、自信が持てる口元を目指そう 突然ですが …

ホワイトニング方法を比較!それぞれのメリット・デメリットも紹介

ホワイトニングにはいろいろな方法があります。それぞれの特徴とは? 一口にホワイト …

いい歯科医院を見分ける4つのコツと7つのポイント!失敗しない歯医者の選び方

ポイントを抑えれば信頼できるいい歯医者さんは見つかります たくさんある歯科医院の …

歯がとれたら接着剤でくっつけてもいい?危険性と応急処置

差し歯や歯の詰め物が取れたからといって接着剤を使うのは絶対NG! 物を食べている …

生理中の口臭がきつくなるって本当!?原因と対策をチェック!

生理中は口臭がひどくなりがちなので注意!しっかり対策を! 自分では気づかない方が …