美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

自宅で使える脱毛器で永久脱毛できる?家庭用脱毛器を選ぶときのポイント

自宅で永久脱毛はできないの?永久脱毛の定義から脱毛器の選び方まで

サロンやエステ、クリニックでの脱毛は比較的効果が高いものの、脱毛するのに通う手間がかかり、ムダ毛があるところを人に見られてしまいます。

ムダ毛の処理はしたいけれど、サロンやエステに通うのは大変だし人に見られたくない…できることなら自宅で永久脱毛したい!脱毛したいと考えている人の中には、こんな風に思っている人も多いかもしれませんね。

最近では家庭用脱毛器も種類が増え、性能も向上してきています。サロンやエステ、クリニックでの脱毛以外に、家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛を選択肢のひとつとして選ぶ女性も増えていることをご存じでしたか?

永久脱毛と減毛、除毛の違いと、自宅でもかんたんに自己処理できる家庭用脱毛器の種類と選び方についてご紹介します。

そもそも永久脱毛って?永久脱毛の定義

そもそも永久脱毛とは、自宅以外にサロンやエステなどでもできることなのでしょうか。

実はムダ毛処理という意味で広く「脱毛」といわれている行為の中には、厳密には脱毛ではないものも含まれているんです。

脱毛行為の種類

脱毛

一般的にはクリニックのみでおこなえる方法。毛抜きやワックスを使って根元からムダ毛を引き抜くのも脱毛の一種ですが、毛根に刺激を与えてムダ毛を生えにくくする脱毛は医療行為とされており、美容皮膚科などの医療機関でしか受けられません。

  • ニードル(針)脱毛 など
減毛

クリニックのほか、脱毛サロンやエステサロン、家庭用脱毛器で取り入れられている方法。すでに生えているムダ毛を抜けやすくして、少しずつ生える毛を細く、減らしていきます。

  • レーザー脱毛 など
除毛

セルフ脱毛として知られるお手入れのほとんどが「除毛」にあたります。肌表面に生えているムダ毛を取り除くだけなので、厳密には脱毛ではありません。

  • カミソリ、シェーバー、除毛クリーム など

クリニックの脱毛なら永久脱毛できるの?

本来の意味での脱毛は、クリニックでしか受けることができません。しかしクリニックでの脱毛も、絶対にムダ毛が生えてこない完全な永久脱毛ではないのです。

それでも毛抜きやワックスによる脱毛、自己処理による除毛を続けるより、クリニックでの脱毛やサロン・エステでの減毛を続けたほうが、痛みや肌荒れのリスクも少なく、ムダ毛が少しずつ目立たなくなっていくというメリットがあります。

脱毛だと思っていたほとんどのお手入れが、実は「減毛」と呼ばれるものだったんですね。しかも、クリニックであっても完全にムダ毛をなくすことは難しいとされているのです。クリニックやサロン、自宅でのお手入れに関わらず、脱毛はあくまで「ムダ毛を限りなく目立たなくさせること」が目標と考えておくとよさそうです。

自宅で使える家庭用脱毛器の種類とメリット・デメリット

家庭用脱毛器に採用されている脱毛方法は主に4種類あります。それぞれの特徴とメリット・デメリットについて知っておきましょう。

レーザー式

一般的にはドクターのいるクリニックでのみ扱うことができる脱毛器具ですが、家庭用として最大出力を下げたタイプが販売されています。ムダ毛のメラニン色素に反応してムダ毛を抜けやすくするもので、脱毛効果を実感するには繰り返しレーザーを照射する必要があります。

メリット
  • 家庭用脱毛器としては脱毛効果を実感しやすい
  • 太い毛に効果を発揮しやすい
デメリット
  • レーザー照射範囲が狭いため処理に時間がかかる
  • 痛みを感じやすい

フラッシュ式

脱毛サロンやエステで導入されている方式です。レーザー式と同じ原理で脱毛できるものの、出力はレーザー式よりも劣ります。

メリット
  • 1度に広い範囲を処理できる
  • 細い毛にも効果を感じやすい
デメリット
  • ジェルやカートリッジなど必要な消耗品が多い
  • 慣れるまでは痛みを感じることがある

サーミコン式

熱線でムダ毛を焼き切る方式です。肌にレーザーや光を照射しないため痛みを感じにくいですが、ムダ毛そのものが抜けやすくなるわけではありません。

メリット
  • 本体価格が比較的リーズナブル
  • 肌に直接作用しないため肌荒れしにくい
デメリット
  • 表面のムダ毛を焼き切るだけなのでムダ毛が伸びやすい
  • ムダ毛が焼けるようなニオイが出ることがある

超音波式

ピンセットのような器具でムダ毛をはさみ、超音波を毛根に伝えて脱毛する方式です。痛みを感じにくいという特徴があります。

メリット
  • ムダ毛処理できるパーツが多い
  • ピンポイントで脱毛できる
デメリット
  • 広範囲の脱毛には向いていない
  • ムダ毛が長いと超音波が毛根に届かず脱毛できないことがある

4種類の脱毛方式のうち、近年の家庭用脱毛器によく採用されているのがフラッシュ方式です。1度に脱毛できる範囲が広く、照射パーツを脱毛したい肌の上に滑らせるだけと取り扱いがカンタンな点が、よく選ばれている理由かもしれませんね。

家庭用脱毛器を選ぶときにチェックしたい6つのポイント

いざ家庭用脱毛器を購入しようとしたとき、気になるのはやはり価格やコストパフォーマンスについてですよね。自宅でたっぷり脱毛したいなら、効果だけでなく価格について気になるのは当然のことです。

今回は家庭用脱毛器によく選ばれているフラッシュ方式の脱毛器について、選ぶときのポイントを確認しておきましょう。

照射回数

脱毛器はそれなりに高価なものですから、本体価格に目が行きがちですよね。しかしコストパフォーマンスが気になるなら、本体価格そのものよりも、照射できる回数に注目してみましょう。本体価格が安くても照射回数が少なければ、思ったような脱毛効果が得られず、結果的に割高になってしまうことがあります。

家庭用脱毛器のコストパフォーマンスは、本体価格と照射回数の両方でチェックするようにしてみてください。

1回でお手入れできる面積

フラッシュ脱毛は光を肌に照射するので、照射できる面積が広いほどお手入れが楽になります。面積が狭いとその分お手入れの手間と時間がかかるので、処理に時間をかけたくないという場合は照射面積の広いタイプを選びましょう。

照射レベルの調節機能

初めてフラッシュ脱毛をするという場合は、ムダ毛がある部分に光が反応して、輪ゴムで肌をはじかれたような痛みを感じることがあります。フラッシュ脱毛の経験がないという人は、弱いレベルから脱毛できる調節機能がついたタイプがオススメです。

脱毛できるパーツ

家庭用脱毛器によっては、顔やデリケートゾーンなどの脱毛に対応していないことがあります。自分が脱毛したいパーツに使えるかどうか、購入前には必ず確認しましょう。

使い切りかカートリッジ式か

フラッシュ脱毛式の家庭用脱毛器の多くは、ライト部分がカートリッジ式になっていて、カートリッジを交換することで繰り返し使えるタイプです。ただし中には交換式ではなく使い切りタイプの脱毛器もあるので、繰り返し長く使いたい場合は注意してください。

消耗品の有無

カートリッジだけでなく、専用のジェルが必要な脱毛器もあります。必要な消耗品がなくなれば当然新しいものを購入しなければならず、消耗品の価格や買いやすさもコストパフォーマンスに影響してくるでしょう。

脱毛器本体の価格だけでなく、照射できる回数や使い切りか交換式かどうかなど、チェックするべきポイントはこんなにあるんですね。どのくらい脱毛したいか、どこをお手入れしたいかによっても選ぶべき脱毛器は変わってきます。まずは自分がどんな脱毛を考えているのかをはっきりさせておくと、脱毛器選びに頭を悩ませずに済みそうです。

完全な永久脱毛という意味では、クリニックでも自宅でもおこなうのは難しいものです。しかし家庭用脱毛器でもムダ毛を目立たなくしてくことはできます。自分に合った脱毛方法を選んで、満足できるツルスベ肌を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

脱毛エステサロンと美容外科って何が違うの?

脱毛方法、期間、コストなどさまざまなメリット、デメリットを見極めよう 脱毛エステ …

乾燥・日焼けは脱毛の大敵!やけどのリスクが高まり、脱毛効果が弱くなる

脱毛中に乾燥・日焼けしちゃいけないのはどうして? 脱毛サロンで乾燥や日焼けに注意 …

Oラインのムダ毛処理はどうすればいい?脱毛の種類についても紹介!

Oラインのムダ毛に悩んでいるなら思い切って脱毛するのがおすすめです。 どの部位を …

私って多毛症!?女性の太い毛の原因と治療法は?毛深いのと多毛症はどう違うの

毛深かったり、女性なのに男性のような濃い体毛が生えてきたりして「私ってもしかして …

プレミアムリムーバーミルクは剛毛でもしっかりキレイに抜ける!

太く濃い毛に悩んでいる方はプレミアムリムーバーミルクがおすすめ プレミアムリムー …

恋人にしたい職業NO1!看護師のムダ毛処理事情とは?

忙しい!時間がない!ナースさんが「永久脱毛」を選ぶ理由 昔から「白衣の天使」とも …

脱毛を受けると毛穴が小さくなるというのはなぜですか?

サロンで脱毛を受けると毛穴が小さくなるという話を聞きましたが、本当ですか? 脚や …

脱毛の施述で皮膚ガンになってしまう事は?

皮膚ガンを発生させる光と、安全な光の違いとは? 脱毛の施術が原因で、皮膚ガンにな …

Vラインの黒ずみを解消するなら脱毛サロンへ行こう!

Vラインの黒ずみは間違った自己処理が原因。そのまま続けていると… Vラインの黒ず …

豊胸手術のあと脱毛ってできるの?手術自体に問題なくともアフターケア用の薬に脱毛の機械が反応することも…

豊胸手術のあとの脱毛施術は可能なのか?気になる疑問を一気に解決。 ふっくらバスト …